• TOP
  • 芸能
  • 大塚愛 苦難乗り越え、カッコいいシングルマザーの代名詞に

芸能

2020.03.11 07:00  NEWSポストセブン

大塚愛 苦難乗り越え、カッコいいシングルマザーの代名詞に

ピアノコンサートを終えた大塚愛

ピアノコンサートを終えた大塚愛

 シンガー・ソングライター大塚愛(37才)の、なんとも微笑ましい一幕をキャッチした。2月中旬、東京・霞が関のイイノホールで開催された、ピアノコンサート終演後。駐車場で車に乗り込む大塚の後ろを、大事そうに荷物を抱えた少女がテクテクとついていった。大塚の愛娘だった。娘を気にかけながら歩くなど、コンサートの緊張感から解放された大塚はすっかりママの顔になっていた。スポーツ紙記者が語る。

「大塚は2010年にRIP SLYMEのSU(46才)と結婚し、翌年にはお子さんが誕生しました。幸せの絶頂だったはずですが、2017年にSUとモデル女性との不倫が発覚。女性は“匂わせ”写真をアップしたり大塚の自宅へ“ピンポン突撃”したりするなど、大塚へのえげつない攻撃で大炎上しました。その後、2018年に大塚は離婚して、シングルマザーとして再出発しています」

 壮絶な経験をした大塚にとって、最高の心の安らぎが、娘との時間のようだ。大塚の公式インスタグラムには最近、愛娘が撮った写真が投稿されるようになった。CDのジャケットを思わせるような構図や、家族にしか見せないような素の表情の数々に、ファンからも「センスありすぎ」などと称賛のコメントが寄せられている。

 また最近では、人気テレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』をピアノ演奏する動画をツイッターで公開。「娘に教えてと言われ まずは母さん練習。」とコメントしていた。そんな愛娘への思いあふれる母の姿も「母さんカッコイイ」などと絶賛されている。

「ネット社会の現代、母が歩んだ苦難の人生を、娘もそのうち知ることになるでしょう。それを知ってか、大塚のSNSに寄せられるファンのエールも、彼女と同じような母目線のものが多いですね。いまやカッコいいシングルマザーの代名詞になりつつあります」(前出・スポーツ紙記者)

 大塚は、2011年の出産の際に、こんなコメントを発表している。

関連記事

トピックス