• TOP
  • 国内
  • 最初に中国人お断わりを掲げた商店主「いわんこっちゃない」

国内

2020.03.16 16:00  週刊ポスト

最初に中国人お断わりを掲げた商店主「いわんこっちゃない」

武漢の病院を視察した習近平国家主席(写真/Avalon/時事通信フォト)

 感染拡大を受け、日本政府は3月9日、中国・韓国からの入国制限を発動した。この政府の対応は遅きに失した感が否めない。思い返されるのは、国内での感染拡大前からいち早く「中国人お断わり」を掲げ、批判を浴びたあの商店主だ。

「正直なところ“いわんこっちゃない”という気持ちはあります。初めから(入国制限を)しておけば、感染拡大も防げたかもしれない……」

 そう語るのは、1月中旬に〈中国人は入店禁止〉との張り紙を掲げて話題になった、神奈川・箱根の駄菓子店「ハウスベイダー」の男性店主だ。

 店主がその張り紙を掲示すると、朝日新聞が〈掲示に批判も〉(1月22日付朝刊)の見出しで報道。国内外から「人種差別だ」との批判が殺到した。

 当時、店主は本誌・週刊ポストに、

〈度が過ぎていた点は心から反省します。ただ、何よりも大きかったのはコロナウイルスへの恐怖でした〉〈政府が外国人旅行者への対策、措置を発表していれば別ですが、現実は民間に丸投げ。(中略)国民の命はいいのか、という思いもあります〉(2月14日号)

 と心境を打ち明けた。彼の心配は的中した。今となっては、政府の措置が完全に後手を踏んでいたことは明らかだ。

関連記事

トピックス