• TOP
  • ビジネス
  • コロナ特需のドラッグストア業界 ウエルシア首位奪還の秘策

ビジネス

2020.03.21 07:00  NEWSポストセブン

コロナ特需のドラッグストア業界 ウエルシア首位奪還の秘策

ココカラファインとの経営統合にこぎつけ業界首位に躍り出るマツモトキヨシ

ココカラファインとの経営統合にこぎつけ業界首位に躍り出るマツモトキヨシ

◆イオン会長がウエルシア創業者から託された「遺言」

「ウエルシアを日本一のドラッグストアにしてください」

 イオンの岡田元也(当時社長で現会長)が、ウエルシアの創業者、鈴木孝之から受け取った「遺言」である。

 岡田が国立がん研究センター中央病院を訪れたのは、2014年2月21日のことだった。医師に余命数か月と宣告されていた鈴木は、岡田を招き、こう語りかけた。「俺はもう後がない。ウエルシアを守ってくれないか」。岡田は言葉少なに「わかりました」と応じたという。

 鈴木は抗がん剤治療を止めるよう医師に伝え、3月13日に息を引き取った。享年76歳。

 鈴木は明治薬科大学卒業後の1965年、埼玉県春日部市に鈴木薬局を開業。薬剤師だったことから、当時としては珍しい「調剤併設の薬局」だった。グリーンクロスと改組したのち、医薬分業の時代がやって来ることを見越し、調剤併設店を拡大する。

 その後、M&A(合併・買収)を繰り返し業容を拡大。2008年、持ち株会社グローウエルホールディングス(現・ウエルシアHD)を設立し、会長に収まった。そして、調剤薬局を併設するドラッグストアとして圧倒的な地位を築いたのである。

 イオンの岡田にとって、鈴木の申し出は渡りに船だった。イオンは旧ジャスコ時代から「ゆるやかな連帯」によるグループ経営を目指し、各地のドラックストアに1~3割程度出資していた。

 2001年には、ウエルシアやツルハホールディングス(HD)など出資先を束ねる「イオン・ウエルシア・ストアーズ」(現ハピコム)を結成し、医薬品など自主企画商品の共通化に取り組んできた。

「鈴木さんの日本一になるという夢を、是非とも実現したい」。岡田はこう宣言し、ウエルシアHDをイオンの連結子会社に組み入れた。

関連記事

トピックス