• TOP
  • ビジネス
  • コロナ特需のドラッグストア業界 ウエルシア首位奪還の秘策

ビジネス

2020.03.21 07:00  NEWSポストセブン

コロナ特需のドラッグストア業界 ウエルシア首位奪還の秘策

「日本一のドラッグストア」が夢だったウエルシア創業者

「日本一のドラッグストア」が夢だったウエルシア創業者

 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクやトイレットペーパー、ティッシュなどがドラッグストアの店頭から姿を消したが、そんなドラッグストア業界は勢力図が目まぐるしく変わっている。果たして、今後どのチェーンが覇権争いに勝利するのか──。ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。

 * * *
“コロナショック”で日本中が混乱する今、ドラッグストアの店員を名乗る人物がツイッターに悲痛な叫びを投稿した。マスクなどを購入できなかった消費者から苦情やイライラを毎日ぶつけられ、

〈すみません、申し訳ございませんばかりで疲れました〉
〈今まで笑顔だったお客様が、全員鬼に見えます〉
〈コロナよりも怖いのは人間だと思います〉

 と綴った。新型コロナは、ドラッグストアの店先を修羅場に変えてしまった。

 そんなドラッグストア業界は、いま戦国時代を迎えている。業界トップのウエルシアホールディングス(HD)の2月の既存店売上高は、前年同期比20.6%増、客数は22.8%増だった。新型コロナウイルスの影響で、マスクをはじめ医薬品や日用品などの売れ行きが好調だった。

 消費税増税と新型コロナのダブルパンチで大苦戦に陥った小売業の中で、ドラッグストア業界は“マスク特需”に見舞われた。3月以降も良好なトレンドを維持し、業績の上振れが期待できる。

 一方、業界5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)と同7位のココカラファインは、2021年10月に経営統合する。売上高1兆円強、店舗数3100弱というメガストアが誕生し、一躍、業界トップに躍り出ることになるのだ。

「業界の雄」と呼ばれて久しいマツキヨは2016年、22年ぶりに売上高首位の座を明け渡し、新たにトップに立ったのがウエルシアHDだった。だが、マツキヨはココカラとの経営統合をテコに、トップに返り咲く。

 そこでウエルシアはどう出るのか──。ウエルシアの親会社であるイオンともども、その動向に関心が集まっている。

関連記事

トピックス