• TOP
  • 芸能
  • Cocomi あくまでも軸足はフルート、モデルは感性を広げるため

芸能

2020.03.26 16:00  女性セブン

Cocomi あくまでも軸足はフルート、モデルは感性を広げるため

フルートを演奏するCocomi(2020年1月)

 日本一有名な夫婦から生まれた姉妹は、一時は表舞台へ出ることを避けていたように思えた。語学、音楽、アート…各々が信じる道を進み、未来を切り開いていた2人が、芸能界という世界への扉をたたいた理由とは──。

《go FLY!! my ANGELS!!(羽ばたけ!! 俺の天使たち!!)》

 3月19日、木村拓哉(47才)が中国版ツイッター「微博」を更新。「天使たち」とは、デビューを果たしたばかりの長女Cocomi(18才)と、次女のKoki,(17才)のことだ。同時に娘2人が寄り添う写真がアップされていた。

「木村さんはこれまで、自分から積極的に子供について触れてこなかった。これは異例のことです。デビュー後、早速バッシングを受ける長女にエールを送りたかったのでしょう」(テレビ局関係者)

 木村が冒頭の投稿をする数時間前、Cocomiのモデルデビューが報じられた。3月28日発売の『VOGUE JAPAN』で表紙を飾ることや、世界のトップブランドの1つクリスチャン・ディオールのアンバサダー就任も発表された。

「『VOGUE』の表紙には外国人が起用されることが多く、日本人、それも新人というのは初めてのことではないでしょうか。しかも、キムタクの長女が初めてベールを脱ぐということで、編集部では厳しい箝口令が敷かれていた。無事、発表まで情報が漏れなかったことに、スタッフは胸をなで下ろしているそうです」(ファッション誌関係者)

 鮮やかなデビューの知らせは瞬く間に世間を駆け巡った。公表された写真にインターネット上では「やっぱりかわいかったんだ」「両親にそっくりで気品がある」といった反応が相次ぐ。その一方で、あまりに心ない言葉も一部で投げかけられた。「かわいくない」「親の十四光」「18才でディオールなんて」――。

 書いた側は意識していなくても、書かれた言葉は当の本人の目に簡単に届く。ネットでの噂に傷つき、表舞台から去る人も、訴訟を起こす人もいる時代だ。Cocomiの場合は妹という“前例”も見ていたはず。

 次女のKoki,も2018年5月にモード誌『ELLE JAPON』で表紙デビューし、シャネルやブルガリなど世界的なブランドのアンバサダーに就任した。

『ELLE』『VOGUE』はモード誌界の双璧ともいえる。すべてのモデルが憧れる雑誌だけに、新人での抜擢は、“親の十四光”だと揶揄されたようだ。

関連記事

トピックス