• TOP
  • 芸能
  • 大量離脱のオスカープロ、次は藤田ニコルと森泉の争奪戦も

芸能

2020.04.02 16:00  女性セブン

大量離脱のオスカープロ、次は藤田ニコルと森泉の争奪戦も

藤田ニコルは令和ギャルの代表格(時事通信フォト)

「米倉涼子さん(44才)の独立は単なる序章だといわれています。米倉さんと並ぶ看板女優の上戸彩さん(34才)、武井咲さん(26才)の独立、移籍も報じられ始めましたし、実はそれだけではありません。逆に誰が残るのかということがいわれる危機的状況です」(テレビ局関係者)

 米倉は4月に入って新たな活動をスタートさせている。国民的美少女コンテストで知られるオスカープロモーションだが、米倉だけでなく、近年はバイリンガル女優の忽那汐里(27才)、人気モデルのヨンア(34才)、テレビ出演も多いタレントの岡田結実(19才)、草刈民代(54才)らが次々と“卒業”している。

「原因は事務所のお家騒動。3月下旬に創立者で多くの女優の育ての親でもあった古賀誠一さんが社長を退きましたが、ここ数年は義理の息子が力を振るうようになって社員たちが相次いで退社。米倉さんの独立でさらに多くのスタッフが事務所を離れるそうです。ほかの大手事務所からスタッフの引き抜き合戦も起こっています」(芸能関係者)

 スタッフだけではない。所属タレントの争奪戦も激化の一途をたどっているという。

「上戸さんと武井さんを欲しいと手を挙げたい事務所は数多あるでしょうが、米倉さんがいなくなったオスカーの稼ぎ頭ですし、そう簡単に声もかけられません。移籍や独立も難しいでしょう。そんななか、いちばん激しい争奪戦が起きているというのは藤田ニコルさん(22才)です」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス