• TOP
  • 国内
  • 昭恵夫人“花見”の店は予約2年待ち、その浮世離れした食事

国内

2020.04.05 16:00  週刊ポスト

昭恵夫人“花見”の店は予約2年待ち、その浮世離れした食事

あまりに危うい言動(写真/共同通信社)

 政府の要請で国民が「自粛」を受け入れるなか、ファーストレディは芸能人と“桜を見る会”──本誌・週刊ポスト前号のスクープは国会でも追及され、安倍首相の答弁は到底、納得できる内容ではなかった。だが、この夫婦にはそれがわからないのかもしれない。なにしろ、昭恵夫人を囲む会は多くの一般国民が足を踏み入れることすらできない、“秘密の高級レストラン”で行なわれていたのだ。

「大変申し訳ございません。申し訳ないですけど、恐れ入ります……」

 記者の直撃にそんな答えを繰り返すオレンジ色のダウンジャケット姿の男性──昭恵夫人の“桜を見る会”の会場となった店のオーナーだ。

 前号で報じた別掲写真は、昭恵夫人が渦中にある森友学園問題が再燃し、新型コロナウイルスの感染が広がっていた今年3月23日に撮影されたもの。昭恵夫人を中心に、モデル・藤井リナやアイドルグループ・NEWSの手越祐也が、桜の木の下で写真に収まっている。

 記事は大きな反響を呼び、ネット版の速報を配信した翌日の3月27日には、参院予算委員会で野党が追及。昭恵夫人に事実関係を確認したという安倍首相は、「レストランでの会合の際の記念写真」「都が自粛を求めている公園での花見ではない」と釈明した。

 あまりに稚拙な言い訳である。

 すでに2月24日には政府の専門家会議の有識者が会見で飲み会等の自粛を求めている。多くの人が歓送迎会など、大切な行事の延期や中止を余儀なくされた。新型ウイルスの脅威に一丸となって立ち向かうため、やむを得ず受け入れたのである。

 一方、写真では昭恵夫人を中心に13人の男女が肩を寄せ合っている。国民の自粛をよそに「レストランでの会合」を楽しんでいたわけだ。

関連記事

トピックス