• TOP
  • スポーツ
  • 藤浪晋太郎 感染で明るみに出た軽率な振る舞いの数々

スポーツ

2020.04.08 07:00  週刊ポスト

藤浪晋太郎 感染で明るみに出た軽率な振る舞いの数々

私生活のコントロールも…(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスに感染して以降、どんな生活を送っていたかが次々と明らかになり、ファンをがっかりさせるばかりの阪神・藤浪晋太郎(25)。高卒1年目から3年連続2ケタ勝利を挙げ、「大谷翔平のライバル」というイメージは崩れた。

 初期症状を知ってもらうため、新型コロナ感染の実名報道を自ら申し出た藤浪は当初、世間から称賛された。だが、感染の原因とされる3月14日の“会食”の実態から、“残念な私生活”が明らかになってしまった。

「14日の会はスポーツ選手や芸能人のタニマチとして関西で有名な馬主のマンションでのホームパーティでした。阪神の選手7人に加え、北新地のクラブのホステスが10数人ほど出入りしていた。参加者6人の感染が発覚するなど影響は球界に留まらない」(阪神番記者)

 阪神は3月から選手に対して「不要不急の外出は控えるように」と指示を出していたが、他人事だったようだ。

「藤浪の“女遊び”はあの日に限ったことではない。10日にはスポーツ紙の美人女性記者と食事に行っています。昨年までの藤浪番で、復活の見込みが薄いことから担当を外されていたが、藤浪はわざわざ彼女とメシに行った。藤浪の陽性発覚後、27日から女性記者も在宅勤務を命じられています」(在阪スポーツ紙デスク)

 その軽率な振る舞いが、感染によって図らずも明るみに出たわけだ。

「藤浪は北新地など繁華街にアクセス抜群のタワマンに住んでいる。阪神の選手は甲子園に近い(兵庫の)西宮や芦屋に住むことが多く、大阪に住むのは独身の遊び人のパターン。今や“新地の顔”といった感じですよ」(大阪のテレビ局関係者)

 しかも“本業”が不振なのだから、虎党のため息が聞こえてくる。

※週刊ポスト2020年4月17日号

関連記事

トピックス