芸能

ドラマ『レンタルなんもしない人』の「友人疲れ」に共感の声

「レンタルさん」は実在の人物がモデル(画像提供/テレビ東京)

「なんもしない人(ぼく)を貸し出します」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます」──そんな風変わりなサービスを行う実在のTwitterアカウントを元にした、ドラマ『レンタルなんもしない人』(テレビ東京系、毎週水曜深夜24:12〜)が話題だ。主役の“レンタルさん”を演じるNEWSの増田貴久には「本物そっくり」など反響が起きている。

「東京最後の1日に付き合ってほしい」「出社するのが怖いので付き添ってほしい」……ドラマで描かれるレンタルさんへの依頼はさまざま。4月22日放送の第3話では、女子大生の島袋香奈(福原遥)から「明後日21歳の誕生日を迎えるので、日付が変わったら祝ってほしい」という依頼が寄せられた。

 レンタルさんと誕生日ケーキを囲んでお祝いしながら、香奈は友人関係の悩みを吐露し始める。「グループLINEの返信って難しいですよね。他の人とかぶると、『手を抜いている』って思われるし、逆に全く違う内容だと『空気読めない』って思われるし。同じだけど少し違う、そういうのを送らないといけない」「LINEの既読をつけたら、なるべく早く返さないといけない。誕生日は祝われたら、祝い返さないといけない。流行りの飲み物は同じのを飲まなくちゃいけない」など、日常の気疲れを明かした。

 香奈自身が「私が気を使いすぎなのかも」と苦笑いする通り、たしかに友人たちに彼女の気遣いが伝わっているようには見えず、むしろ多少“都合のいい人”扱いされているようにも感じられる。とくに「クリスマスは女友達で集まる予定で、必死にバイトも休みをとったのに、直前になってドタキャンされてしまった」というエピソードは印象的だ。「今日、バイト休んだんだけどなー」とLINEで送りかけて、結局「了解!集まるのはまたにしよう!」と返信する香奈の姿が悲しい。

 SNSを介した友人付き合いの難しさを描いたこのエピソードには、視聴者から「とても共感した」という声が続々と寄せられた。SNSが社交の場の一つとして確立しつつある昨今、同様の体験をしている人が多いのだろう。

関連記事

トピックス