• TOP
  • ビジネス
  • パチンコライター・河原みのり 専門誌制作現場の苦境を語る

ビジネス

2020.05.13 07:00  NEWSポストセブン

パチンコライター・河原みのり 専門誌制作現場の苦境を語る

「コロナでパチンコ業界は大打撃を受けています」と河原(撮影/藤岡雅樹)

「コロナでパチンコ業界は大打撃を受けています」と河原(撮影/藤岡雅樹)

 2012年に『パチスロ必勝ガイド』初の女性ライターとしてデビューして以来、人気ライターとして活躍してきた河原みのり。数多くのパチンコ・パチスロ専門誌がコンビニの書棚に並んでいるのをみかけた人も多いだろう。全国的な規模でパチンコ店が休業している現在、専門誌の制作現場はどのような影響を受けているのか──。彼女が厳しい現状を語った。

 * * *
 これまで朝はだいたい5時前後に起き、地方での仕事があれば始発の新幹線や飛行機で移動し、パチンコ店にて実戦収録や取材を行う。ある時はひっそりと都内のパチンコ店で誌面の実戦データをひたすら採っていたり、メーカー主催の大きなイベントでファンの皆さんと触れ合ったり……。

 オフの日でさえ、独自で新台の調査や打ち込み度を深めたい一心で、われわれパチンコ・パチスロライターは毎日のように実機に触れてきました。

 普段はパチンコ・パチスロ情報を掲載している専門誌でライティングも行なっています。もちろん好きが高じてやっている仕事ですので、つらいと思うことはほとんどないですし、むしろ仕事以外の趣味打ちに興じることも少なくありません。

 昨今の出玉の制限や、ちょうど4月からのホール内原則禁煙化など、パチンコのユーザー離れが心配される中で、それでもなんとか工夫して楽しんでもらいたいという思いでイチ編集部員として雑誌づくりに参加しています。

 そんな矢先、それどころではないトドメのような一撃が降りかかってきました。「新型コロナウィルス」、テレビでも連日その名が囁かれ、耳が痛くなるほど聞き飽きた話題かもしれませんが、残念ながらその勢いは留まるところを知りません。

 例外なくパチンコ・パチスロ業界も大きな打撃を受けることとなりました。

関連記事

トピックス