国内

増加予想されるエッセンシャルワーカー 差別増える悪循環も

5月29日、航空自衛隊がアクロバット飛行を披露して医療従事者へエールを送った(時事通信フォト)

 新型コロナウイルス感染拡大のなか、人々の暮らしを守り、社会を支えるために働いているのが「エッセンシャルワーカー(生活必須職従事者)」だ。医療従事者、配達員、役所職員、清掃員、保育士、運輸業者、スーパーやドラッグストアの店員など、多くのエッセンシャルワーカーが働いてくれているからこそ、コロナ禍でも生活ができるのだ。

 しかし、医療従事者に対する差別的な言動や、「なぜマスクを置いていないのだ!」などと、店員に対する理不尽なクレームなど、エッセンシャルワーカーが苦しめられている現状があるのも事実だ。

◆懸命に働くほど困窮していく

 海外の事情はどうだろうか。爆発的に感染者数が拡大した英国はロックダウン(都市封鎖)を断行し、医療などを除くほぼすべての業務が停止した。慶應義塾大学教授で労働経済学者の太田聰一さんが指摘する。

「英国のスーパーでは買い占めによる物不足が生じて、連日寝ずに勤務していた看護師の女性が、“お願いだから買い占めをやめてください。何も買えなくて暮らしていけない”と涙ながらに訴える姿が大きく報じられました。欧米では小売りや流通などがほぼストップして、大きく生活水準を落とさざるを得ない人が数多く現れたのです」

 日本では医療以外のエッセンシャルワーカーもコロナ禍のもとで働き続けた。それによって生活の質はある程度保たれたが、当然ながら、その日常の陰に大きな犠牲が払われていることを知るべきだ。

 たとえば、大手喫茶チェーンのカフェ・ベローチェは、緊急事態宣言が出た後も人を減らして時短営業を続け、現場の従業員の負担が激増。

 労働組合が抗議すると、本社は即座に“自由に休んでいい”という通達を出した。しかし、通達内容は“休むことに対する許可”のみ。休業補償などに関する文言はなく、結局、「同僚に迷惑がかかるから」と、出勤をやめる従業員はわずかだったという。

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン