ライフ

渡部建のように精力的に「浮気」を繰り返す40男たちの本音

複数不倫を認めてすべての仕事を自粛している渡部建(時事通信フォト)

複数不倫を認めてすべての仕事を自粛している渡部建(時事通信フォト)

 誰もがうらやむ女性と結婚し、子供も生まれて仕事も順調、それでも男は浮気をするのかと、お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建の複数不倫報道は一般人の心も乱している。なぜ男は浮気をしてしまうのか。浮気を繰り返す40男たちに、なぜ妻や恋人以外の女性と関係を持つのかについて、ライターの宮添優氏が聞いた。

 * * *
 佐々木希という妻がありながらなぜ不倫をするのか──人気お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建の不倫が報じられ、ネット上はこうした疑問を呈する声で埋まった。なぜなら、年の差はあるが仲睦まじい夫婦だと誰もが信じていた二人だったからだ。しかも、妻が佐々木希となればなおさらだ。

 佐々木希は女性からも男性からも好感をもって受け入れられている圧倒的な美女で、美人が多いと言われる秋田県出身でも特別な存在として受け止められている。そのため、2017年に渡部との結婚が報じられた際には、秋田県民から「秋田の宝を奪うな」といった悲痛な叫びが相次いだほどだ。長い下積み時代を経てブレイクし、一回り以上年の離れた人気モデルを射止めた渡部には、世間から「勝ち組」として羨望と妬みの眼差しが向けられた。

 考えれば考えるほど「浮気をする理由はない」ように思えるが……。

「男の本能でしょう。彼女がいても妻がいても、浮気をする奴はする。そもそも浮気自体に罪悪感もなく、かわいいな、綺麗だなと思ったら声をかけて関係を作る」

 それでも浮気をしてしまう男の気持ちを話すのは、大手レコード会社社員・吉谷公人さん(仮名・40代)。吉谷さん自身、すでにバツが二つ、彼女は中学時代から結婚期間も含めて一度たりとも切れた経験がないと豪語している。つまり、結婚しても妻とは別に彼女がいるのが当たり前だったということだ。それでも、妻がいて子もいて、家族ができればほとんどの男は「変わる」ものではないのか。

「家族は大事、妻も子も愛している。じゃあ彼女は浮気なのかというと、浮気という言葉がそもそもおかしいですね。別に気持ちが家族から離れて別の女性に行くわけじゃないから。優先順位はもちろん家族が上。そこを大切にしつつ、自分の本能に正直に生きているだけです。渡部さんも、他の女性との逢瀬のために、家族を犠牲にしてはいないでしょう。別れた妻、子供達への仕送りもやっているし、今付き合っている彼女もいる。金がきついときはありますけど、愛していなかったらそれも払うわけがないでしょう」(吉谷さん)

 ……と、まるで悪びれる様子はない。愛している、大切だという自分の気持ちは大事にするが、妻や子の気持ちには配慮がない。浮気相手の女性の気持ちにいたっては、感情があるとさえ思っていないのではないかという態度でスルーしている。おそらく周囲の人たちを不幸にしていると思うのだが、自身は飄々としている。

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン