• TOP
  • スポーツ
  • 昔のパ・リーグ 少ない観客に慣れセ・移籍で成績落とす選手も

スポーツ

2020.06.25 07:00  週刊ポスト

昔のパ・リーグ 少ない観客に慣れセ・移籍で成績落とす選手も

江本氏は東映と南海に在籍した

 異例の無観客試合で開幕した2020年プロ野球。無観客試合は選手にどんな影響をもたらすのか。かつて、球場に客がまったく集まらず、親会社の社員を動員してもスタンドには500人程度しかいなかったというパ・リーグの試合を経験してきたOBに聞いた。

「客が入らなかったので、選手はグラウンドのプレーに集中していましたね」

 そう振り返るのは、1971年に東映フライヤーズに入団し、翌年南海ホークスに移籍した江本孟紀氏(72)だ。

「客を呼ぶことで給料が上がるという感覚がなく、グラウンドで結果を出せばカネになると信じて、必死にプレーしていました。今の選手のように客を過剰に意識しなかったから、ヒーローインタビューで『ファンのおかげです』と言う選手はいなかった。際どいプレーに激怒して、乱闘になることも多かった」

 甲子園の優勝投手として1981年のドラフト1位で近鉄バファローズに入団した金村義明氏(56)も「観客に媚びない真剣勝負ゆえに乱闘があった」と指摘する。

「パ・リーグには『飲む、打つ、買う』を地で行く選手が多かったけど、ひとたびグラウンドに立てば真剣勝負だった。『やられたらやり返す』とばかりに熱くなることもしょっちゅうでした」

 セ・リーグのように、ラッパや太鼓などの鳴り物の応援はなかった。だからこそ、豪速球がミットを鳴らす音も、それを強振して弾き返す打球音も響きわたった。

関連記事

トピックス