• TOP
  • ビジネス
  • パチスロライター水樹あや 6号機時代の「専業」実態を報告

ビジネス

2020.08.09 07:00  NEWSポストセブン

パチスロライター水樹あや 6号機時代の「専業」実態を報告

専業を続けられる「2つの理由」

 では、昔の時代とどう変わっていっているのかと言いますと、大きく分けて次の2点が挙げられるかと思います。

 1つ目が「パチスロ専業のIT化」です。4号機時代では、下見で台のデータを確認する際、店舗のデータロボやデータランプを直接見に行っていたようですが、今ではWEBやアプリで出玉情報が見られるようになっているホールが大半です。

 私自身、取材や優良店情報など雑誌で仕入れていたものが、今やWEB、アプリ、LINE、SNSに変わり、そのすべてのツールを駆使して日々アンテナを張り巡らせています。夜の21時頃になるとLINEが鳴りまくるのもそのせいです。

 専業の人も同じです。プライベートや仕事の連絡が埋もれるほどの情報量に、彼女がいる人などは浮気を疑われるレベルですね。もっとも専業の人は1日中打っていることが多いので、浮気している時間もないと思いますが(笑い)。

「IT化でパチスロ専業の行動範囲が広がっている」と話す水樹あや

「IT化でパチスロ専業の行動範囲が広がっている」と話す水樹あや

 2つ目が「行動範囲の拡大」です。特定のお店で毎日立ち回る「ジグマ」と呼ばれるプロは近年とても減ったと思います。なぜ減ったのかというと、1つ目に挙げたようにパチスロ専業がI T化していることにより、情報が広まるのが早く、ジグマ的立ち回りをできるホールがとても少なくなったからです。

 設定状況が良い優良ホールをこっそり見つけても、通っていたらいつの間にかSNSに上げられて人が集まってしまい、気づけば他の専業に喰われてしまうこともあります。情報社会になればなるほど、情報が一瞬で広まり専業だらけになってしまうのです。便利になった反面、専業からしたらかなり不便になりましたね。

 昔はホールと共存していくためにも、加減をして勝ち過ぎないように調整する……ということをしていた方もいましたが、今そんなことをしていたら、軍団やガツガツしているプロにすぐ荒らされてしまいます。機種の設定判別数値や期待値のある台の情報など、すべてネットで簡単に見られる時代なので、優位に立つにはその他の部分で差をつけるしかなくなっているのです。

 だからこそ、稼動しないときに色々なホールの状況を把握しておくことで、狙えるホールの引き出しを増やして、どんな状況でも対応できるようにしている人が昔よりも増えた印象があります。もちろん、今でも閉店後のデータや出目をチェックしに行って、特定のホールで立ち回っているジグマ系の方もいらっしゃいますが。

関連記事

トピックス