田中サンともえチャンは、一見、「美女と野獣」カップルのようですが、そんなことはない! 本当にお似合いなんです。交際のうわさが出始めた頃、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演してくれたもえチャンが、明石家さんまサン(65才)からいじられて、「シー」と指を口にあてるも、デコルテまで真っ赤になって恥じらい、幸せそうだったのを見てゴールインを確信しました。

 そうそう、数年前、表参道で平日の昼下がり、ランチデート後の田中サンともえチャンから声をかけていただいたことがあります。3人目の子供サンも一緒でした。もえチャンの“悩み”として、千秋サン(48才)や小倉優子サン(36才)らとの女子会の場に田中サンが同席してしまう…というのを聞いたことがありますが、いい意味で、田中サンはまったく邪魔にならないでしょうね。うらやましいです。

 今回、保健所が指定した病院に家族5人で入院できたことは、コロナ対策が進んできたことの表れでもあるのでしょう。赤江珠緒サン(45才)や、有村昆サン(44才)・丸岡いずみサン(49才)夫妻のときは、本当に大変でしたからね。

学生時代はアナウンサーを目指していた田中サン

 さて、実は田中サンとは、もっと前に、お目にかかっている私。新卒でTBSラジオの「954キャスタードライバー」に就いたとき、中継車の電波測定をしたり、音声チェック、スタジオとのつなぎなどをしてくれたのが、TBSラジオ内の「無線室」のバイトくんたち。その候補として来ていたのが大学生の田中サンでした。

 当時の「無線室」は在京局のアナウンサーを数多く輩出していて、私が在籍中だけでも、NHKの渡部英美(←男性です)元・エグゼクティブアナウンサー、元・日本テレビの小倉淳サン(62才)、テレビ朝日の元アナウンサー、藤井暁サンがいらっしゃり、小倉サンや藤井サンは、久米宏サン(76才)の影武者として『ぴったしカン・カン』(TBS系)の予選の仕切りも担当していたかと。

 そんな“ウワサ”を聞きつけて、先輩の紹介でやってきたのが田中サンだったというワケです。もちろん、その頃の田中サンもアナウンサー志望。高校時代、トシちゃん(田原俊彦サン・59才)やマッチ(近藤真彦サン・56才)を完コピし、校内の人気者だった田中サンは、アナウンサーにも向いていたと思いますが、太田サンと出会い、「爆笑問題」となるわけです。

 田中サンのエピソードで大好きなのは、コンビニエンスストアでバイトをしていたとき、レジに並んでいるかたのカゴの中身を見ただけで素早く合計金額を計算できたという(笑い)。

 そうした目配りと気配り、そして、アナウンサーを目指していたからこそのアナウンス能力は、『サンデージャポン』(TBS系)で度々見せていただいています。

 まだ私が頻繁に出演させていただく前のことですが、妊娠中に出演していた吉田明世アナウンサー(32才)がスタジオで立ちくらみのような状態になったとき、スッと椅子を差し出して座らせてあげて、励ましの言葉をかけたのは田中サン。その後の進行の素晴らしさと、吉田アナが読むハズだった原稿をスラスラと読みまくった田中サンのアナウンス能力にも心から尊敬いたしました。

 また、著名人の古すぎる(!)スキャンダルを克明に記憶していて、いらんタイミングで(笑い)ブッこんでくる太田サンに対し、きっちりツッコむと同時に、たしなめるのも田中サン。ほんと、多くの人が忘れてしまっている名前やエピソードなど、どれほどわかりにくいボケを太田サンがかましても、田中サンは100%、理解し、拾い、ツッコむのでした。

 田中サンの加療中、太田サンがどこまで暴走してしまうのかは、心配でもあり、少し楽しみでもあります。田中サンが、あのみのもんたサン(76才)に代わってMCを務める『秘密のケンミンSHOW極』(読売テレビ・日本テレビ系)は、太田サンが助っ人となり、すでに1本収録をしたのだとか。実は、田中サンが単独で『ケンミンSHOW』のMCに決まったとき、太田サンはかなりうらやましそうだったのでね(笑い)。

「テレビ界」に、「お笑い界」に、そして「太田サン」と「爆笑問題」に絶対必要な田中裕二サン。憎きコロナをやっつけていただき、また一緒にお仕事ができる日を楽しみにしながら、復帰をお待ちしております!

◆構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿‼』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン