• TOP
  • 芸能
  • 報道番組MC務めるEXIT、「チャラ男」が考える報道の意義

芸能

2020.09.24 16:00  NEWSポストセブン

報道番組MC務めるEXIT、「チャラ男」が考える報道の意義

社会問題についても自らの考えを語ったりんたろー。

「大坂選手の時間の使い方はすごく素敵だと思った」

りんたろー。:ぼくらなりに意見を言うこともできるし、それにより考え方を変える人もいると思う。でも、知れば知るほど自分の無力さを知るニュースもあります。現実を突きつけられてもぼくらなりに発信できることがない。発言に意味があってほしいと願っていても、根本的なところで本当に出口がないこともあります。

 たとえば、アメリカの“BLM運動”に伴う黒人の差別問題。ぼくらが思うことは発信できます。届けられるといいな、とは思いますが、それは根深いものだし、簡単に解決できるものではない。以前番組でも取り上げた、いじめの問題とかもそうじゃないですか。ぼくはあの時、「逃げることに勇気を持ってほしい」と言いました。現実的に亡くなっている子供たちもいることをぼくらは突きつけられている。番組で社会問題について発言することとは、問題の根本を解決するために何をしなくてはいけないかを考えさせられることです。

――今、りんたろー。さんが言った黒人の差別問題についてですが、テニスの大坂なおみ選手が抗議の意味を込めて試合をボイコットする、と発言しました。その後は、亡くなった黒人の名前が乗ったマスクをつけて全米オープンの試合に臨みました。あれは彼女ができることを行動で示しました。兼近さんはあの件についてどう思いますか?

兼近:時間とは人間全員に平等に存在するものです。でも使い方って、すごく多種多様で、ぼくは黒人差別についてすごく思うこともあるし、差別なんてものはあってはいけないと考える。だから「よくないことだと思います」、は言う。このように、発信は誰でもできますが、黒人差別に反対する行動はまだしていません。個々の人間は、時間の制約があり、実際に行動に移せないものもある。大坂選手は、黒人差別問題に対して行動を起こした。行動を起こせるものって、それぞれの時間の使い方次第ですが、大坂選手の時間の使い方はすごく素敵だと思いました。ぼくはそれはできていない。でも、ぼくは別の時に、何か別の問題で自分の時間を使いたいです。個々人が特に関心のある分野で、問題解決のために行動を起こせばいいのではないでしょうか。

――アベマの番組プロデューサーがお2人のことをこう言っていました。「りんたろー。さんは、その日の番組テーマについて事前にみっちり調べてくる。そして漫才の時と同じように、自由な兼近さんの良さを引き出すようフリを入れてくる」と。

りんたろー。:ぼくは兼近の良さを引き出しているつもりはまったくなくて……。いや、ぼくは彼に出会って人生観を変えられた。「こんな世界がまだ日本にあるんだ」と思わされた。それを思わされるような生い立ちとか、生活を送った中で、ぼくが感じる世界や考えとかけ離れた角度からの意見が出る。それを一緒にいる時に感じるんですよ。それを視聴者の皆さんにも知ってほしい。そういうニュースがあったら彼はこう感じるだろうな、というその観点の考えを多くの人に知ってもらいたいんですよね。

兼近:ぼくには、物事を色々な方向から考える癖があります。ぼくがこう思っていると、他の人はこう思うだろうな――みたいに、正解がないものをさまざまな観点から言葉に出す。昔からそうだったんです。それに対して「お前は間違えている」とか、「こいつは変なことを言ってる」とか言われてずっと生きてきました。「こいつ変な人だなあ」、と言われたとしても、りんたろー。さんは「別にそれって間違えじゃないよね」と言ってもらっているような気がする。あと、人は発言が変わってもいい。昨日はこう言っていたけど、今日は違う。それは、毎日ぼくが変わっている証拠だし、それが間違ってないことをりんたろー。さんに教えてもらっている日々です。これからもニュースにはそうした姿勢で取り組んでいきたいです。

■取材/文:中川淳一郎 撮影:森滝進

関連記事

トピックス