• TOP
  • 芸能
  • 二宮和也が『浅田家』で見せた風貌、キャラ、表現の“七変化”

芸能

2020.10.10 16:00  NEWSポストセブン

二宮和也が『浅田家』で見せた風貌、キャラ、表現の“七変化”

本格的な役者道を歩き出した二宮和也(写真/時事通信フォト)

 ジャニーズきっての演技派・二宮和也(37才)主演の映画『浅田家!』が10月2日封切られた。公開初日から3日間で20万人の観客を動員し、興行収入は2億8000万円を突破、堂々の初登場1位を獲得した。SNSや口コミサイトでは、「笑えて泣ける」、「最高の余韻」、「初めて2度目を観に行こうと思えた」などの言葉が並び、観客動員数、興行収入に比例した賞賛の声が上がっている。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
『浅田家!』と言えば、公開前から大きな注目を集めていた作品。なぜなら、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年)で知られる “家族映画”の名匠・中野量太監督(47才)が手掛ける新たな家族映画だからだ。同作は中野監督の商業デビュー作。余命宣告をされてもたくましく生きる母とその家族の物語は大きな話題を呼び、数々の映画賞を受賞した。続く2本目となる『長いお別れ』(2019年)でも家族の話を描き、高い評価を得ている。そんな中野監督が、今回の最新作では実在する写真家・浅田政志(41才)の代表作『浅田家』と『アルバムのチカラ』を原案に、新たな家族像を描き出しているのだ。

 そんな中野監督作品だからこそ実現できたのだろう、豪華なキャスティングも話題となっていた。写真家・浅田政志を演じる主演の二宮和也はもちろんのこと、その兄役に妻夫木聡(39才)、母親役に風吹ジュン(68才)、父親役に平田満(66才)、さらには黒木華(30才)や菅田将暉(27才)といった、名実ともに主役級の演者たちが集まっている。中野監督の家族映画第3弾ともなれば、誰もが出演を望むのだろう。

 この座組を牽引する二宮和也は、昨年公開された『検察側の罪人』で、木村拓哉(47才)との白熱の演技バトルが話題となった。映画やドラマにひっぱりだこのジャニーズきっての演技巧者だ。その彼が中野監督とタッグを組むとあれば、注目度がぐんと上がるのも頷ける。

 本作では、そんな俳優・二宮の“七変化”を堪能できる。浅田政志という1人の男性の約20年間を演じているとあって、茶髪にタトゥーのパンキッシュな姿から、ロン毛に無精髭の姿まで披露。37才という実年齢に左右されない、各年齢における二宮の見た目のインパクトやキャラクターの変化が見どころだ。これを違和感なく体現するのは容易なことではないだろう。彼自身の持つ見た目の若さに加え、表現力が試される映画だったと思う。

関連記事

トピックス