国内

佳子さま、紀子さまと深い溝 叱責受け「あらぬ言葉」で応戦

佳子さまは紀子さまのご意見に耳を傾けられたのか

紀子さまと言葉を交わされることは少ないという(撮影/横田紋子 1月23日、東京・文京区)

 ご結婚問題に揺れ、眞子さまと紀子さまの“距離感”が報じられることは多い。だが、ある皇室関係者は「紀子さまとの溝が深いのは、むしろ佳子さまの方」と言う。すれ違いを決定づけた、母娘のぶつかり合い──。

「大変な状況のなか、開催できたことをうれしく思います。ただ、新型コロナでスクールを辞めた人がいたことが本当に悲しいです……」

 10月初旬、都内の市民ホールで、あるダンススクールの発表会が行われた。ステージでは多彩なダンスが繰り広げられ、観客席からは大きな拍手が送られる。だが、発表会の終盤、主催者はさみしそうにそうつぶやいた。

「発表会は、秋篠宮家の次女の佳子さまが通われるダンススクールによるものでした。佳子さまは昨年、発表会に参加され、『へそ出し衣装』で妖艶なダンスを披露されて話題になりました。しかし、残念ながら今年は参加されなかったようです。新型コロナウイルスの影響を考慮され、スクール通いを自粛されているのでしょう」(皇室記者)

 佳子さまは、学習院女子高等科時代にも文化祭でダンスを披露されるなど、長年、趣味でダンスに取り組まれてきた。平時であれば、今回の発表会にも出演され、会に華を添えられたに違いない。「ただ、紀子さまは内心、安心されているのではないでしょうか」とは、ある皇室ジャーナリストだ。いったいどういうことなのか──。

 佳子さまは9月27日、鳥取県で行われた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に動画でお言葉を寄せられた。

「実は、コロナの感染が拡大してから、公務で出席される予定だったイベントに動画でメッセージを寄せられたのは、皇族方の中で佳子さまが初めてです。内親王で次女というお立場上、新しい取り組みに挑戦しやすかったのでしょう。10月10日には『国際ガールズメッセ』にもビデオメッセージを送られるなど、積極的な姿勢を見せられています」(宮内庁関係者)

 とはいえ、佳子さまの“お出まし”の回数が増えたのは、今年に入ってからだという。

「佳子さまは秋篠宮家のなかで、“最もご動静が表に出てこない方”といわれています。大学卒業後は大学院に進学されるわけでもなく、就職をされたわけでもない。“普段は何をして過ごされているのだろう”と関係者の間で話題になるほどでした」(前出・宮内庁関係者)

 なかなか表にお姿を見せられない佳子さまは、一部では「趣味のダンスだけをされている“高等遊民”」などとも報じられた。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン