• TOP
  • スポーツ
  • ドラフト大化け株 準硬式野球の星、サニブラウンに勝った男

スポーツ

2020.10.24 07:00  NEWSポストセブン

ドラフト大化け株 準硬式野球の星、サニブラウンに勝った男

“走り屋”で終わらない可能性

 もちろんこれだけの足があって、遠投100mを越える強肩となれば守備に不安はない。大学のリーグ戦でも、再三、球際に強いプレーを見せている。そうなると、やはり最後はバッティングだ。

 五十幡を4年間見てきた中大・清水達也監督は、「プロでも十分通用するだけのものを持っている」と話している。

 中大は以前にも同じようなタイプの選手をプロに送り出している。元・日本ハムの村田和哉外野手だ。五十幡と同じようにやや小柄で、陸上選手並みの足が武器だった。村田はレギュラー獲得には至らなかったが、代走と守備固めなどで起用され、7年間現役でプレーした。清水監督は「大学4年の時点では、(五十幡は)村田よりも上のレベル」と言う。

小さな身体に似合わず強いバッティングにも定評のある五十幡亮汰(写真提供/中大硬式野球部)

小さな身体に似合わず強いバッティングにも定評のある五十幡亮汰(写真提供/中大硬式野球部)

 五十幡は小さな身体に似合わず、強いスイングをする。俊足選手にありがちな、ボテボテのゴロを打って一塁を駆け抜ける、というバッティングスタイルではない。ただ、大学生相手から一つレベルが上がるプロで、果たしてこれが通用するか?

 逆に、プロに入って打てるようになる選手もいる。ヤクルトの青木宣親や元・阪神の赤星憲広がそうだ。いずれも大学、社会人時代には、「足だけの選手」と酷評されていたが、プロでバッティングがレベルアップし、野手の間を抜ける打球を打つようになった。そうやって「1番(あるいは2番)センター」という定位置を掴み、その俊足がさらに武器になっていった。

 もちろんもともとのバッティングセンスもあるが、プロで良い打撃コーチに巡り会えたという要素もあるだろう。五十幡もそうなる可能性はあるはずだ。「1番・センター」が空いているチームで、その可能性に懸けるスカウトがいたら、本当に“12人”に入ってくるかもしれない。

2019年のプロ野球・ドラフト会議風景(時事通信フォト)

2019年のプロ野球・ドラフト会議風景(時事通信フォト)

●やざき・りょういち/1966年山梨県生まれ。出版社勤務を経てスポーツライターに。細かなリサーチと“現場主義”でこれまで数多くのスポーツノンフィクション作品を発表。著書に『元・巨人』(ザ・マサダ)、『松坂世代』(河出書房新社)、『遊撃手論』(PHP研究所)、『PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って』(講談社)、近著に『松坂世代、それから』(インプレス)がある。

関連記事

トピックス