• TOP
  • 芸能
  • デヴィ夫人 度重なる失言騒動でもテレビに出演し続ける理由

芸能

2020.11.09 07:00  女性セブン

デヴィ夫人 度重なる失言騒動でもテレビに出演し続ける理由

ブログにお詫びの言葉を載せるのは珍しいことだという

ブログにお詫びの言葉を載せるのは珍しいことだという

 デヴィ夫人の言葉には力があるということなのだろう。自らの恋愛観を語った著書『選ばれる女におなりなさい』(講談社)は15万部を超える大ヒット。一方、人を斬る力も強く、数多くの舌禍事件を起こしてきた。テレビに好かれる“諸刃の舌”の生き残り方とは。

 歯に衣着せぬ発言は、デヴィ夫人(80才)の代名詞。テレビでもブログでも、その舌鋒の鋭さは衰えをしらない。が、時には、それが行きすぎることも。

「(女性が)不妊になるのは堕胎が原因です」
「9割9分は堕胎です」

 そんな発言が飛び出したのは10月24日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)でのこと。生放送中の出来事で、共演者が取りなそうとしても、デヴィ夫人は発言を撤回しようとはしなかった。

「“数字に誤りがあったようなので謝らせていただきます”とは言ったものの、実際には局アナがお詫びをして尻ぬぐいをしていました」(テレビ局関係者)

 デヴィ夫人の説は当然、事実無根なのだが、SNSでも引き続き持論を展開したため、瞬く間に炎上。デヴィ夫人が《中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷つけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり大変申し訳なく思っております》と謝意を表明したのは放送から4日経った28日のことだった。鎮火が遅きに失したことで、出演予定だった茨城県でのPRイベントは、ひっそりと中止に追い込まれていた。

「デヴィ夫人以外にも多くの芸能人が出演することになっていたから関係者にも影響が出てしまっています。イベント当日の中止決定となり、大打撃ですよ。ご本人もルーツが茨城県にあるため、ショックを受けていたようですが、身から出たさびです」(イベント関係者)

 周りを巻き込む大事になってしまったが、デヴィ夫人の“舌禍事件”はいまに始まったことではない。

「ちょっと思い出すだけでも、マリアンさんや、川崎麻世さんと結婚していた頃のカイヤさんとやりあっていましたよね」(芸能関係者)

 別の芸能関係者は、そのほかのトラブルもよく記憶している。

「古くは40年近く前、パリの高級ナイトクラブで男性に声をかけ、その連れの女性にたしなめられて平手打ちをして出入禁止に。故・野村沙知代さんを『毒婦以下』と罵って訴えられたかと思えば、比較的最近では、ある番組で内村光良さんに“あなた、略奪婚なんでしょ?”と言って周囲を凍りつかせたこともありました。もっともこの番組は収録だったため、この発言はカットされましたがね……」

関連記事

トピックス