国内

金子恵美 不倫した夫の「生き方を変える」という言葉信じる

金子恵美氏

2度も夫の不倫が明らかになった金子恵美さん

 いま、日本で最も注目を集めている夫婦と言っていいだろう。夫・宮崎謙介さん(39才)の浮気を許すまでの心情をつづった『許すチカラ』を出版したタイミングで、また浮気が発覚した、金子恵美さん(42才)。度重なる夫の不祥事に、それでも許すのか、注目が集まる。

 11月29日に生出演した情報番組『サンデージャポン』(TBS系)では、夫が緊急謝罪。金子さんも、「前回のスキャンダルで苦しんだのにもかかわらず、“また、なぜ?”と正直あきれました。しっかりと反省をして態度で示してほしい」とし、今後も動向を見守ること、そして離婚はしないことを明らかにした。

人に好かれ、気配り上手の彼に惹かれた

「宮崎との出会いはお互いが衆議院議員として初当選した2012年の初登院のときです。宮崎は国会議事堂の階段を上る私を見かけてすぐ、私が何者かをリサーチしたらしいのです」

 その日のうちに声をかけられ、同じ派閥で大学の後輩ということが判明。連絡先を交換し、相談し合う仲となる。そこからつきあうようになるのは自然な流れだった。つきあって2か月ほど経った旅行先で指輪を贈られ、プロポーズされた。

「日々の議員活動があるのに、この人、どうしちゃったんだろう、と。うれしくないわけではないけれど、お互い次の選挙でも勝って、選挙区のかたたちに認めてもらってからでないと結婚は考えられないと、そのときは保留にしました」

 しかしその後も交際を続け、次第に、きめ細かな気配りができる彼の魅力に惹かれ、2015年に結婚を決めた。

「私にはよくサプライズでプレゼントをくれました。でもそれは好きな人だから当然とも言えますよね。でも、宮崎は私ばかりでなく、周りの人にもよくプレゼントをしていました。“今日はあの先生の誕生日だから、ちょっと贈り物を届けてくるね”なんていうことが日常茶飯事。それも、贈る相手のことをきちんとリサーチして、その人の心に響くモノを選ぶんです。その細かい気配りは真似できないと思いました」

 同性の友人も多く、彼の周りにはいつも自然と人が集まるのだという。

「私にはない社交性をもっていて、この人と一緒なら私に足りない部分も補え、楽しく暮らせると思いました」

政治家ゆけに許せたと振り返る

 結婚の翌年の2016年2月、子宝にも恵まれ、まさに出産のその日、例の事件が発覚した。

「病室に来て、何か言いたいのに言い出せないようで……。やっと発した言葉が“週刊誌に載ります”でした」

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン