• TOP
  • 国内
  • 金子恵美 不倫した夫の「生き方を変える」という言葉信じる

国内

2020.12.11 11:00  女性セブン

金子恵美 不倫した夫の「生き方を変える」という言葉信じる

 よりによって出産したその日に、浮気をしていたと聞けば、普通の女性なら怒るのが当然のはず。ところが、

「政治家という職業だからこそ生まれた、特殊な価値観なのでしょうが、お金や薬物がかかわるような犯罪でなかったことに、ほっとしました」

 宮崎さんは議員を辞職し、政治家としてのけじめをつけた。その後は憔悴し、目を離せない状況が続いた。その姿に、彼が記者会見で言った、「心から反省してよい父親になりたい」という言葉に嘘がないことを実感した金子さんは、そこで許そうと思ったという。

「夫が猛省し、生き方を変えると言ってくれたことを受け入れたんです。私自身が彼を信じ、許し、一緒に歩んでいこうと決めたのです」

 2016年、金子さんが総務大臣政務官に就任したとき、宮崎さんの喜びようといったら、見ている方が当惑してしまうほどだったという。そこで、金子さんの母親が宮崎さんに尋ねた。

「あなたも政治家だったのだから、本当は悔しいでしょ?」

 宮崎さんの返答を母から聞いて、金子さんは彼に惚れ直したという。

「“ぼくのことで大変な目に遭ったのにもかかわらず、政務官というチャンスをもらえたのは、恵美の実力が評価されたということ。これほどうれしいことはない”と言ったそうです。心から応援していないとあの言葉は出ないわよ、と母も感動していました」

4年ぶり2度目の不倫の結末は……

 そんなこともあっての2度目の不倫。金子さんはもう政治家ではない。前回のような特殊な価値観下にはいないが、それでも「家族なので軽べつはしていない」と言う。今回は前回と状況が違うようだ。こんなコメントを残している。

「(不倫報道後、初の夫婦“共演”となった『サンデージャポン』では)いろいろな背景や事情をのみ込んで謝罪に徹しました。またご意見や厳しい声もあり、それに対して宮崎本人は言いたいこともあったと思うんですけど、そこは当然、謝罪の場だったので反論はしませんでした」

関連記事

トピックス