芸能

滝クリ&進次郎、水川&窪田…注目カップル4組のデート現場と近況

愛犬を連れた滝クリ

家族での行いがつぎつぎに波紋を広げる滝クリ

 その行動に何かと注目が集まる有名人カップルたち。昨年から今年春にかけて不倫、離婚、炎上など、さまざまなことで世を騒がせてきた4組の騒動とデート現場を一挙に振り返る。

 幼い一人息子を連れ、夜のお出かけを楽しんでいたのは滝川クリステル(43才)と夫で衆議院議員の小泉進次郎氏(40才)だった。昨年1月末に出産した滝クリはたびたび外出する姿が目撃されているが、生後およそ半年のこの日は、スタッフらとともに子供用のバウンサーまで車に積み込み出掛けていった。

「この夜のお出かけはホームパーティーではないかと言われています。滝川さんは息子に対して最近も、“逆さ吊り”にしたヨガをやらせたり、美容室の床に寝かせたりと、“炎上”気味な言動が多いですし、進次郎氏も環境大臣として推進したレジ袋有料化に疑問の声が上がるなど、評判は芳しくありません。今後もいろいろな意味で目が離せない夫婦と言えるでしょう」(芸能記者)

 昨年はNHKの朝ドラ『エール』で男性初の主演を務めた窪田正孝(32才)と、妻の水川あさみ(37才)は昨年11月、高級ブランドのショップも立ち並ぶ東京のど真ん中でデート姿を見せた。ロングコートで街を歩く、絶妙な距離の2人は時折ピタリと息が合ったように同じ方向を向くなど、ほっこりするシーンも。

 そんな窪田だが今年3月、出演予定だった舞台『酔いどれ天使』を直前になって降板し、騒動に。「コロナ感染リスクを下げるため」というのがその理由のようだが、このドタキャンにより関係者は対応に追われた。

 最近では、宮沢りえと初共演する映画『決戦は日曜日』の公開が2022年に決まった。この話題作ではどんな姿を見せてくれるのか――。

 夫で元卓球台湾代表の江宏傑氏(32才)から離婚請求を受けているのは元卓球女子日本代表の福原愛(32才)。きっかけとなったのは、『女性セブン』の報道だった。今年3月、夫と子供を台湾に残したまま日本でイケメン男性と横浜の中華街で食べ歩きするなどのデートやお泊まりがキャッチされたのだ。福原は、楽しそうな笑顔をたびたび見せていた。

 今後行われる離婚協議では、2人の子供の親権が争点になると見られるが、子供たちが長く台湾に住み、江氏の両親が健在であることから、江氏が親権を得るうえで有利との見方も出ている。福原が、2人の子供に会えないまま親権を失う可能性が指摘されているのだ。

「以前はふっくらして血色のよい顔が印象的でしたが、頬がほっそりとしていて、別人のようにやせてしまったと聞きました」(福原の知人)

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン