• TOP
  • 国内
  • コロナ感染者の本音「陽性なんて誰かに言っても心配されるだけ」

国内

2021.06.22 07:00  女性セブン

コロナ感染者の本音「陽性なんて誰かに言っても心配されるだけ」

 そして10日間、コロナ専用病棟の個室で寝起きして、医師のリモート診察を受けて、毎日、“宇宙服”を着た看護師さんが様子を見にきてくれ、退院となった。

 気になる感染源を最後に聞いてみたら、「保健所から暮れの行動を何度も聞かれたけど、どれも濃厚接触とはほど遠い。ほんとに思い当たることがないんです」とHさん。

「ほんとにないの?」と聞き返したら一瞬、言葉に詰まって、「いやいや、唾液感染とか一切ないですから」だって。

「で、経験者として伝えたいことは?」と聞くと、「特にいまは自分の体の変化に敏感になること。ちょっとでもン!?と思ったら、すぐに病院に行くこと」だそうだ。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子/1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする

※女性セブン2021年7月1・8日号

関連記事

トピックス