• TOP
  • ライフ
  • 負担を減らす炊事メソッド「麦茶から水派に」「一汁三菜をやめる」

ライフ

2021.06.22 16:00  女性セブン

負担を減らす炊事メソッド「麦茶から水派に」「一汁三菜をやめる」

ああ

献立は決めていなくても良い

◆皮ごと食べられる野菜を活用し、皮むきをしない

 にんじん、大根、かぶ、れんこんなど、皮をむかなくても食べられる野菜を使うのも手。

「皮周辺は栄養価も高く、本来はそのまま食べたい部分。さらに調理時間を短縮できて、生ゴミも減らせます」(知的家事プロデューサー・本間朝子さん)

◆食事を作るそのときまで献立のことは考えない

「冷蔵庫の目につく位置に、使い切りたい食材やいまある食材、事前に作ることを決めておいた食材をまとめて置きます。献立を考えるより、その食材を使うことを優先させると、調理の時間以外で、何を作ろうかと考えずにすみます」(マキさん)

◆調理や保存用に使えない食器は使わない

「レンジやオーブンで調理でき、そのまま食卓に出せる食器を選んで使いましょう。余ったらふたをして保存もできるものだと洗い物も減ります」(本間さん)

◆調理に手間がかかる食材は選ばない&使わない

ああ

かかる手間を考えて食材を選ぶ

「忙しい日は、皮をむく必要がなく火の通りが早いピーマン、なす、きのこを多用。ごぼうなどの根菜は下処理が手間なので、余裕のあるときに」(マキさん)

関連記事

トピックス