ちあきなおみ(写真/共同通信社)

突然の活動休止から29年がたったちあきなおみ(写真/共同通信社)

「別れ」すべては夫のためだった

 1983年には、夏目雅子さん主演の映画『時代屋の女房』の主題歌『Again』を発表。同年、高倉健さん主演の映画『居酒屋兆治』にも出演し、女優としてもその評価を得ていく。

 1988年にはレコード会社『テイチク』に移籍、演歌『紅とんぼ』を発表する。

 この曲は、新宿の片隅でバーを営む女性が店を閉じ、常連客としみじみ語らうシーンを吉田旺さんが詞で描き、船村徹さんが曲をつけてヒットし、11年ぶりに『紅白』に出場となった。

 しかしその3年後、最愛の夫・郷さんを病魔が襲う。肺がんだった。当時、郷さんは54才、ちあきは44才。ふたりの出会いから18年目の試練だった。テレビやコンサートの仕事に追われながらも、彼女は献身的に看病をしていた。

 ふたりを見守り続けてきた古賀さんは「郷えい治あってこその、ちあきなおみ」と語る。

「郷さんは、ちあきさんと出会い、役者を辞めて彼女を支え続けてきた。歌手・ちあきなおみに自らの半生を捧げた郷さんの気持ちに感謝し、その思いに添うようなところが、彼女にありました。

 郷さんの病状悪化とともに、歌番組などで『もうこのスタジオで歌うことは、あまりないかもしれませんが』などと冗談めかして発言していましたが、その実、本気だったと思います。郷さんがいないと歌えなくなるだろうなと、ぼくは薄々感じていました」(古賀さん・以下同)

 その予感は的中した。1992年9月11日、郷さんが55才で帰らぬ人となると、ちあきは表舞台から姿を消したのだ。古賀さんの胸には、ちあきのこんな言葉がいまも残っている。

「私は郷さんのために歌っていたんです。だから、もう歌うこともないし、幸せを感じることもない」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン