インスタライブ中には福原の夫の江氏に「キレイだと思うか」と尋ねた林葦二ー

インスタライブ中には福原の夫の江氏に「キレイだと思うか」と尋ねた林葦ニー(インスタより)

「ライブ中、江さんは『毎日運動をして精神を奮い立たせている。最近は子供たちと一緒に寝たりしている』と、仕事と子育てを両立している様子をうかがわせました」(前出・現地ジャーナリスト)

 江が子育てに言及した場面はほかにもあった。

「子供たちの教育について話が及ぶと『人には“品行”が大切だと思っている』と、暗に愛ちゃんを揶揄するかのような発言もありました」(前出・現地ジャーナリスト)

 ライブ中、視聴者が大いに反応したのが、江と林の親密さだ。

「インスタライブの終盤では、林さんが江さんに『私のことキレイだと思う?』と尋ね、江さんが返答に窮する場面があったんです。ほかにも林さんは、ライブ中に江さんの答えを『カッコいい!』と絶賛したり、『大好き』と発言したりなどベタぼれの様子。林さんはライブだけでなく、普段から江さんが好きだと周囲に漏らしているという情報もあり、台湾では、2人の仲のよさを取り上げた報道も出始めています」(前出・現地ジャーナリスト)

 福原と江が仲睦まじい姿を見せていたのはほんの数年前のこと。確実に2人は別々の道を歩き始めたようだ。

※女性セブン2021年7月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン