国内

小山田圭吾辞任でトラウマ蘇った30代男性の告白「いじめは校内犯罪である」

2018年ロンドンでの小山田圭吾(dpa/時事通信フォト)

2018年ロンドンでの小山田圭吾(dpa/時事通信フォト)

「いじめ」の英訳はbullying(子供が弱い者、小さい者をいじめる)になるそうだが、2020東京五輪開会式のスタッフを辞任した小山田圭吾の過去について報じた一部英語紙は、それを「abuse」(虐待)と報じた。俳人で著作家の日野百草氏が、「いじめは校内犯罪である」と訴えるかつての被害者の訴えを聞き、不道徳であることをかっこいいと評価するような価値観は本当に主流だったのか、1990年代を振り返った。(文中一部敬称略)

 * * *
「やったほうは忘れても、やられたほうは覚えてます。僕は忘れません。だから今回の小山田圭吾は許せなかったし、トラウマが蘇りました」

 出版社時代の後輩と再会、彼を仮に霊夢くん(30代・仮名)としようか。在職当時、人気ゲームからの派生作品群『東方Project』が好きだった彼(霊夢は同作品群のキャラクターの名前)。いまは別の仕事についているが、彼の中学時代は地獄だった。それを大人になっても忘れること無く、かつて飲みに行くたび筆者にも語ってくれていた。今回は緊急事態宣言下、貸会議室で味気ない自販機コーヒーをすすりながらの話となったが、内容的にはこのほうがいいかもしれない。

「見ての通り原因は皮膚の疾患です。詳しくは書かないでくださいね。障害と言ってもいい、少し目立つものです」

 特定されるため書かないが、この疾患はやっかいで悪化すると目立つ。霊夢くんは中学で発症、それからいじめという名の校内犯罪が始まった。

「万引きと一緒でいじめという名前がよくありません。あれは校内犯罪です。暴行傷害、恐喝、侮辱、名誉毀損、すべてを網羅した学校内の犯罪、校内犯罪です」

 霊夢くんは本気だ。いじめは犯罪だと覚悟の上で言い切る。かつて音楽誌で万引き自慢をしたシンガーソングライターもいたが、れっきとした窃盗でも昔はやんちゃで済まされてしまった。もちろん当時も窃盗罪。やんちゃで済まされないはずなのだが、コンプライアンスの低い昭和にはやんちゃで済まされてしまう土壌があった。いじめも同様、霊夢くんの言う通り、ひとりの人間の心も体もズタズタにする犯罪なのに。彼の要望で本稿はいじめという言葉を校内犯罪とする。さしずめ、いじめる側は校内犯罪者だ。

「僕が言いたいのはやられたほうは絶対に忘れないこと、そしていじめは校内犯罪である。これだけ伝えられたら十分です」

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン