芸能

八代亜紀の熟年離婚 「夫と可愛がっていた後輩歌手の不倫」が原因か

熟年離婚の真相は?

熟年離婚の真相は?

「今年の1月、八代亜紀さんが70才で離婚してます。(中略)離婚の原因は、実際は婿はんの浮気ですね。同じ事務所に所属する30代の女性歌手とどうやら仲がよくなったらしい」。7月24日、ラジオ番組『ありがとう浜村淳です』(MBSラジオ)で、関西を代表する司会者の浜村淳(86才)が八代亜紀(70才)の離婚について突然、こう暴露した。

 八代が今年1月に離婚していたことが報じられたのは、6月11日のこと。所属事務所は「離婚は双方が納得をした上のことで、元夫は今後も八代のサポートをしていく」と発表し、離婚の理由については明言を避けていた。

 八代が自身の前座を務めていた元歌手の増田登氏(66才)と結婚したのは、1994年1月。ハワイ・オアフ島で挙げた結婚式では、父の遺影を抱いてバージンロードを歩き、「本当に幸せ」と感激に声を震わせた。

 結婚後、増田氏は歌手を引退し、八代の個人事務所の代表取締役に就任。長年、彼女の芸能活動を支えてきたが、離婚と同時に辞任している。残り少ない人生を自由に生きたい、と選んだ「双方納得の」熟年離婚のように見えるが、八代と旧知の仲である浜村はこれを真っ向から否定したわけだ。浜村の言う女性歌手とはいったい誰なのか。音楽関係者が語る。

「八代さんの個人事務所には、八代さんのほかにもう1人、Mさんというシンガーソングライターが所属していました。浜村さんの言う通り30代で、八代さんはMさんのことを娘のようにかわいがっていた。自身のラジオ番組のパーソナリティーに起用したり、自分のコンサートで歌う機会を与えたりもしていました」

 Mさんも八代を母親のように慕っていたようだ。昨年8月の八代の誕生日には、八代とのツーショット写真をお祝いの言葉とともにインスタグラムに投稿している。だが、その一方で、Mさんは八代の元夫・増田氏とも関係を深めていたというのか。

「増田さんは業界関係者との食事会によくMさんを同行させていて、クリスマスの食事会でも一緒でした。“社長と所属歌手”以上の関係だったとすれば、八代さんは相当なショックを受けたでしょう」(前出・音楽関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス