• TOP
  • 国内
  • 「ウナギ・バブル」到来 絶滅危惧種が一転、豊漁でも値段高止まり

国内

2021.09.15 07:00  週刊ポスト

「ウナギ・バブル」到来 絶滅危惧種が一転、豊漁でも値段高止まり

国産ウナギは高値を維持(時事通信フォト)

国産ウナギは高値を維持(時事通信フォト)

 絶滅危惧種指定に法的拘束力はない。が、ワシントン条約に記載されれば国際取引が禁じられる。危機感を持った業者は高値のシラスウナギを買い求め、絶滅危惧種指定後、その価格は1キロ300万円の大台を突破し、銀の価格と並んだ。平成29年にはついに427万円を超え、金の価格を超えた。シラスウナギの密流通に暴力団が関与するようになったのは、それだけのカネが動くからだ。

 不漁は平成30~31年の間も続いた。外国からの輸入を倍に増やして対応しても、ウナギの資源保護は急務で、国際会議でニホンウナギが話題となれば、厳しい漁獲制限は避けられないと予想されていた。危機感のあまり、国際会議場に乗り込んだ大手養鰻業者もいる。

 ところが、翌年からシラスウナギが豊漁となった。

「シラスウナギには公定価格の他、裏取引される闇相場が存在します。実際は裏の価格が市場価格です。一時、500万円近くまで高騰したが、今は50万円まで急落しました。それまで仕入れに苦しんでいた養鰻業者は、その後は格安で仕入れているのでかなりの利益が出ています。

 もちろんコストが下がった分、ウナギの出荷価格も下がったが、以前のような安値には到底なっていない。国産ウナギのブランド力のおかげで消費者価格が高値を維持できるためです。

 ある養鰻業者の社長はテレビ出演し、豪華な自宅や1億円超の腕時計、高級車を披露していた。インスタグラムにもセレブな生活ぶりをアップしている……だからといって、会社が黒字とは限らないのだが、養鰻業者が儲かったのは間違いない」(同・シラスウナギ業者)

 もちろん、彼らにシラスウナギを売るこの業者も儲かっている。彼の愛車はイタリア製のスーパー・カーだ。

 ウナギ業界があまりに儲かるので、養鰻業者が不動産を買い求め、マンション経営に乗り出しているという噂もあった。2018年に上梓した『サカナとヤクザ』でウナギ業界を取材したので旧知の業者にコンタクトをとってみたところ、軒並み取材拒否だった。静岡のある業者は電話で当方の名前を告げると怒りだした。

「あんたは好きなように書き散らかし、ウナギ業界の未来などまったく考えていない。やり逃げだ。興味本位で煽られるのは迷惑千万。二度と電話するな」

 ようやくインタビューに応じてくれた養鰻業者は匿名が条件で、地域も伏せるよう釘を刺された。

「確かに利益は出ています。大手で健全に経営している養鰻場は儲かっているでしょう。でも、我々は商売をしてるんです。儲けて非難されるいわれはない。あなたの質問には悪意を感じる」

関連記事

トピックス