ライフ

ミュージシャンと20年交際した捨てられた40代女性「私のようになってはだめ」

人の人生はオモチャやゲームじゃない

「20年もつき合って、何も残らないなんて」

 その行為に刑事罰などあるわけないが、「あんまりだ」「許せない」という道義的な問題は間違いなく存在する。利用するだけして恋愛を言い訳に「はいサヨナラ」ではあまりに酷い

「他人の人生に乗っかる自分も悪かったんです。どこかで夢を託した部分もあるというか、私自身、なんでもない短大生で会社員、田舎の冴えない女でしたから」

 富田さんのことを指すわけではないが、自己肯定感が低いと自分のためではなく相手のために恋愛をしてしまう。

「次に会ったら殺しちゃうかもしれませんね。だから結婚とか、私に知らないところでお願いします」

 物騒な話だがこれが本音だろう。恋愛はお互い様とはいえ、他人の人生はオモチャやゲームではないのだ。それが20年ともなれば無責任かつ悪質極まりない。責任とって結婚しろと他人が言えるものではないが、けじめはつけるべきだ。出産というリミットのある女性の人生を台無しにしておいて自嘲で済ませ、それをネタに罰ゲームをネット生配信して遊ぶのはやはりおかしい。実際、ごく一部の熱狂的な信者はともかく多くは否定的だ。そうした行為をネタで片付ける、もうそんな時代じゃない。

「他人の人生に乗っかる自分も悪かった」

 今回、この言葉も筆者には印象的だった。逆に言うと他人を自分の人生に乗っけるのが上手い輩もいる。スーパースターとはそういうものだが、他人を自分の人生に乗っけるのが上手い「だけ」の輩もいる。生まれながらに他人を利用して捨てることをなんとも思わない危険人物もいる。これは男女に関わらず気をつけたほうがいい。

 時代は確実にアップデートしている。もう芸の肥やしなんて言い草は通用しなくなり始めている。女性も声を上げられる時代、ユーチューバーのワタナベマホトや2.5次元俳優の小澤廉、サッカー選手の道渕諒平などからDVを受けたという告発も後を絶たない。昔なら許されたことも、現代では悪質であると暴かれ、正当に追い詰める社会に変わり始めている。他人を玩具のように弄ぶ輩に鉄槌が下るまっとうな社会に。

 10年も20年も女性を利用したあげくに捨てる行為。悲しいかなそれが無くなることはないだろうが、こうして女性が「間違っている」と声を上げることもまた価値観の変容につながる。もう「ネタ」では済まされないのだ。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社を経てフリーランス。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)。近著『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)。

関連記事

トピックス