• TOP
  • 国内
  • 民間人となった「小室眞子さん」と「義母・佳代さん」警備はどうなる

国内

2021.10.26 13:30  NEWSポストセブン

民間人となった「小室眞子さん」と「義母・佳代さん」警備はどうなる

小室姓になられた眞子さまと、佳代さんの、警備はどうなるか(写真/JMPA)

小室姓になられた眞子さまと、佳代さんの、警備はどうなるか(写真/JMPA)

 婚約内定会見から4年余り。秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの婚姻届が受理され、10月26日午前、晴れて2人の結婚が成立した。眞子さまは皇籍を離脱し、小室眞子さんとなった。今後はいち民間人としての人生を歩まれる。

 眞子さまの結婚に、日本国中が静かな祝賀ムードに包まれている。松野博一官房長官は定例会見中、お二人の結婚について「末永いご多幸と皇室の一層のご繁栄を心からお祈り申し上げたい」と述べ、祝意を表した。

 赤坂御用地での見送りの際、次女・佳子さまと抱き合った別れのシーンには、ネット上に「ハグをされた時、涙が出た。本当に幸せになってほしい」「めったに会えなくなるんだよね。せつない」など、祝福とともに惜別のメッセージが相次いだ。

 午後に2人揃っての会見が予定されているが、結婚に際しての式典や披露宴などの行事は一切執り行われない。結婚後の小室夫妻は日本を離れ、米ニューヨークで暮らすことが予定されている。そのなかで気になるのが「警備」の問題だ。

 9月下旬、約3年ぶりに帰国した小室さんが横浜市内の自宅から外出する際には、必ず警察官の警護が付いていた。結婚後、2人の警備体制はどうなるのか。

 これまでも、女性皇族の警備は「結婚後」も継続されてきた。上皇夫妻の長女である黒田清子さんが2005年に結婚した際には、警察庁から「個人警戒対象者」に指定され、都内で暮らす清子さんの警護が続けられた。

 しかし、米ニューヨークに移住する予定の小室夫妻は事情が変わるかもしれない。当然ながら日本の警察が管轄外の米国で直接警護するわけにはいかず、米国当局や民間に依頼することなどが想定されるが、その費用は高額になることが予想される。

 2人の結婚に批判的な国民世論があることを強く意識して結婚一時金(1億4000万円)を辞退された眞子さまだけに、渡米まで滞在する予定と報じられた渋谷区内のマンションも含め、税金を使った警護を辞退されるのでは、との声が一部で上がっているのだ。

関連記事

トピックス