国内

抗老化研究の最前線「80~90代で40代の身体機能をキープ」の現実味

コウメさん

一卵性双生児の長寿の記録を更新したコウメさん(右)とウメノさん姉妹(写真/ギネスワールドレコーズ提供)

 存命中の世界最高齢者も日本人女性で、福岡市に住む田中カ子さんは今年、118才を迎えた。なお、人類史上最長寿とされるのは1997年に122才で逝去したフランス人女性のジャンヌ・カルマンさん。画家のゴッホに会ったことがあるほか、エッフェル塔の建設も記憶していたと伝えられる。

「センテナリアン(百寿者)」が世界的に増えているのは確実であり、現在、日本にはおよそ8万6000人、全世界で50万人近く存在するといわれる。さらに米ワシントン大学の研究によれば、今世紀中に130才を迎える人が現れる可能性があるという驚きの予測結果も示されている。

 世界的ベストセラー『LIFE SPAN 老いなき社会』(東洋経済新報社)の中で、著者である米ハーバード大学医学大学院遺伝学教授のデビッド・A・シンクレア氏は《老化はある種の病気であり、しかるべき予防や治療をすれば120才まで20代の体力のまま生きられる》と記している。彼の主張する“老化の治療”が確立すれば、120才まで生きるのが「普通」の世の中になるということだ。

 10月18日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、シンクレア氏と親交の深いワシントン大学教授の今井眞一郎さんが出演し、「抗老化」の最新研究について詳報した。今井さんは、実現のハードルはまだ低くないとしながらも、世界中で進んでいる「抗老化研究」の効果を組み合わせれば80~90才の人が40代の身体機能を死ぬまでキープすることも可能になる。5年後には、そうした抗老化医療が、ある程度、実践する段階に入るだろうと語った。

 人生120年時代──そんな嘘みたいな時代がやってくるかもしれない。

※女性セブン2021年11月11・18日号

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン