スポーツ

日本シリーズ、熱戦続くも低視聴率 「手軽にネットで見られない」問題点も

第2戦で完封勝利をあげたヤクルトの高橋奎二は、元AKB48の板野友美の配偶者(時事通信フォト)

第2戦で完封勝利をあげたヤクルトの高橋奎二は、元AKB48の板野友美の配偶者(時事通信フォト)

「無料で簡単に見られるのは、第3戦のABEMAの中継だけでした。他はParaviやスカパーに加入しないといけない。たとえば、Paraviは初回登録で2週間無料ですが、野球ファン以外の人は、わざわざ個人情報を入力してまで見ようとは思わないでしょう。2週間の無料期間を終えた人はお金を払わないと視聴できません。

 とはいえ、中にはSNSの反応を見て日本シリーズに興味を持つ人もおり、“ネットやスマホで手軽に見られるなら視聴する”という潜在的な層がある。特に、第2戦は元AKB48板野友美の夫であるヤクルトの高橋奎二が好投を続けましたから、『一体どういう人なんだろう』と好奇心を抱いた人も多いはず。裾野を広げるには、ファン以外の人たちに興味を持ってもらうことが大事。その時、すぐにネットで見られるかどうかは重要です。

 特に、今の10代、20代はわざわざテレビの前に移動してチャンネルを付けるという習慣がない。日本シリーズを手軽にネットで見られないことで、野球界はファンを得るチャンスを失っていると考えた方がいい」

 今年5月には、NHK放送文化研究所『国民生活時間調査』で衝撃のデータが発表された。調査日にテレビを15分以上視聴した場合のみ『見た』として集計する同アンケートによれば、平日は10歳から15歳までは56%、16歳から19歳までは47%、20代は51%しかテレビを見ていなかった。5年前の調査ではそれぞれ78%、71%、69%であり、いずれも20%前後の大幅な下落だった。つまり、10代、20代のおよそ2人に1人はテレビを見ていない。その分、ネットやスマホに触れる機会が増加している。

「子供の野球人口は減少しているし、昭和の頃と違って好きなスポーツも多様化しており、プロ野球界は安閑としていられない。たまに放送される地上波の野球中継の視聴率を見ると、10代や20代の数字は微々たるものでしかない。ですから日本シリーズは権利関係を調整して、NPBのサイトで一括して、全試合を手軽にネットやスマホで見られる環境を整えてもいいかもしれません。

 日本シリーズは野球界最大のイベントで、興味のない人にアピールする良い機会ですから、底辺を広げる努力をするべきです」

 来年以降、日本シリーズのネット配信はどうなるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン