国内

小室眞子さん圭さん「NYで弾ける笑顔」自由と責任を手に入れた瞬間

満面の笑み

2人そろって浮かべた満面の笑み

「太陽の光を追って私たちは旧世界を後にした」──アメリカ大陸を“発見”したコロンブスの言葉をなぞるように、小室圭さん(30才)、眞子さん(30才)夫妻は皇室と日本という“旧世界”を捨て、自由の国・アメリカへと渡った。

 11月中旬、渡米後初めて迎えた週末にふたりはニューヨークの街を揃って散策。道中、小室さんが人差し指を立て口をとがらせながら何やら話すと、隣を歩く眞子さんが思わず吹き出す。ふたりは顔を見合わせると、ついには爆笑した。渡米前は周囲をがっちりガードしていた大勢の警護もここにはいない。まさにふたりだけの自由を満喫している、そんな姿が見て取れた。

 思えば、こうしたごく普通のデートは実に5年ぶりになる。2016年10月、『週刊女性』が電車内で寄り添うふたりの様子をスクープして以降、交際相手の存在が露見したことで当時は皇族だった眞子さんに注目が集まり、表立ったデートは自粛していたようだ。翌2017年9月の婚約内定後も、結婚に向けた行事が延期され、さらに小室さんが留学のため渡米。新型コロナウイルスの流行もあり、日米で離れて暮らすふたりはデートはもちろん、直接会うことすら叶わなかった。

「その間、小室さんのお母様と元婚約者の間の金銭トラブルに端を発し、様々な疑惑が報じられ続けました。今回、金銭トラブルが一応の解決を見せ、おふたりは婚約内定から4年もの歳月を経て晴れて結婚。眞子さんは皇族から“一般人”となったわけです。元皇族ということで日本では結婚後も一挙手一投足が注目を集めていました」(皇室ライター)

 冒頭に見せたふたりの弾ける笑顔、それは自由を手に入れた証明と言えるかもしれない。一方で、自由には責任が付いて回ることも知っているはずだ。眞子さんは結婚に伴い支給される1億4000万円と見られる一時金を辞退した。現在、法律事務員の小室さんの年収は600万円ほどとされ、月額60万円という超高級マンションの家賃は生活を圧迫しかねない。今後、ニューヨークで生き抜いていくためには、夫婦で力を合わせてしっかりと稼いでいかなくてはならない。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン