国内

小室眞子さん圭さん「NYで弾ける笑顔」自由と責任を手に入れた瞬間

満面の笑み

2人そろって浮かべた満面の笑み

「太陽の光を追って私たちは旧世界を後にした」──アメリカ大陸を“発見”したコロンブスの言葉をなぞるように、小室圭さん(30才)、眞子さん(30才)夫妻は皇室と日本という“旧世界”を捨て、自由の国・アメリカへと渡った。

 11月中旬、渡米後初めて迎えた週末にふたりはニューヨークの街を揃って散策。道中、小室さんが人差し指を立て口をとがらせながら何やら話すと、隣を歩く眞子さんが思わず吹き出す。ふたりは顔を見合わせると、ついには爆笑した。渡米前は周囲をがっちりガードしていた大勢の警護もここにはいない。まさにふたりだけの自由を満喫している、そんな姿が見て取れた。

 思えば、こうしたごく普通のデートは実に5年ぶりになる。2016年10月、『週刊女性』が電車内で寄り添うふたりの様子をスクープして以降、交際相手の存在が露見したことで当時は皇族だった眞子さんに注目が集まり、表立ったデートは自粛していたようだ。翌2017年9月の婚約内定後も、結婚に向けた行事が延期され、さらに小室さんが留学のため渡米。新型コロナウイルスの流行もあり、日米で離れて暮らすふたりはデートはもちろん、直接会うことすら叶わなかった。

「その間、小室さんのお母様と元婚約者の間の金銭トラブルに端を発し、様々な疑惑が報じられ続けました。今回、金銭トラブルが一応の解決を見せ、おふたりは婚約内定から4年もの歳月を経て晴れて結婚。眞子さんは皇族から“一般人”となったわけです。元皇族ということで日本では結婚後も一挙手一投足が注目を集めていました」(皇室ライター)

 冒頭に見せたふたりの弾ける笑顔、それは自由を手に入れた証明と言えるかもしれない。一方で、自由には責任が付いて回ることも知っているはずだ。眞子さんは結婚に伴い支給される1億4000万円と見られる一時金を辞退した。現在、法律事務員の小室さんの年収は600万円ほどとされ、月額60万円という超高級マンションの家賃は生活を圧迫しかねない。今後、ニューヨークで生き抜いていくためには、夫婦で力を合わせてしっかりと稼いでいかなくてはならない。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン