芸能

「漫画村」追及弁護士が漫画家とタッグ!「著作権者として海賊版サイトと戦いたい」

中島弁護士

漫画家・武村勇治さん(左)と漫画原作者デビューした中島博之弁護士

「原作者は弁護士」「最初の敵は漫画村(みたいなやつ)」――と連載開始早々インターネットをざわつかせた異色作『弁護士・亜嵐陸法は漫画家になりたい』(コミックアプリ「マンガワン」で連載中)が今、じわじわと支持を集めている。現職の弁護士であり今作で漫画原作者デビューを飾った中島博之さん(ペンネーム=ゆうき まひろさん)と、画業27年を数えるベテラン漫画家・武村勇治さん。お二人はなぜ手を組んだのか、そこにはどんな思いがあったのか。異色すぎるタッグに話を聞いた。

――物語は、人気漫画家の元にアシスタントとして主人公・亜蘭陸法(あらんりくのり)がやって来るところから始まる。そこには海賊版サイトに作品をアップロードされ失職の危機に嘆く新人漫画家の姿があった。「違法アップロードはキャラクターの大量殺人行為」だと義憤に燃えた亜蘭は自身が弁護士だと明かして調査を開始する…というもの。大胆な設定は、どこから生まれたのか。

武村勇治(以下、武村):最初、中島さんの友達から連絡をもらったんです。海賊版サイトにぼくの漫画も上がってるから話が聞きたいって弁護士が言ってるんですけどいいですか、みたいな。それでお会いしたのがきっかけ。

中島博之(以下、中島):武村先生を紹介してもらったのが2018年11月で、実際会ったのが…2019年の9月ですね。池袋でした。

武村:メシ屋でね。家族も一緒ですけどご飯どうですか?って呼んで。その時、中島さんが漫画を作ってみたいんですよねって言ったんですよ。そしたらぼくの奥さんが二人でやればいいじゃんって言って(笑い)。あ、奥さん食いついたぞと思って。

中島:ちょうどその1年ほど前に『デスノート』を描いてる小畑健先生に原作を持っていったことがあって。マンガワンの初代編集長に「漫画原作やれば」って言われたのがきっかけで、脚本術の本を買って勉強して。最初に書いたのはホラーで『亜蘭』とは全然違う中二病っぽい話でした。結局、小畑先生はその頃お忙しくてお話だけして帰ってきたんですが。その後、法律関係なら自分の経験があるし、ちゃんと軸足置いて書けるっていうことに気づきまして。

武村:中島さん的に、弁護士としてこう…まんじりとするような、この判決がすっきりしないとかこの事件もやもやするって気持ちが色々あったようで、すぐにネタを3つぐらい送ってくれたんです。

中島:最初は法律できちんと裁けない悪人を合法ギリギリのところでやっつけるダークヒーロー弁護士を考えていました。

武村:それで完成間際まで作ってたんですが、ぼくが「中島さんとやる意味」みたいなものを考え始めちゃったんですよ。中島さんは漫画村の運営者を特定した弁護士さんで、海賊版サイトを倒した人ってイメージがあったんで。それで、『亜蘭』の雛形ーー漫画が大好きで、漫画キャラを憑依させて悪を裁く弁護士ーーって設定を現編集長に伝えてみたら、「じゃあ漫画家になりたがってるとかどう? アシスタントしてたら面白いんじゃないかな」って言ってくれて。

中島:編集長の「漫画家アシスタント」っていう一言があったからこそ、今の『亜蘭』ができました。一話目を見せたら「武村先生がキャラを把握して描かれてますね、ノッてますね」という言葉もあって。(設定を)変えて良かったなと。

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン