国際情報

FB愛犬家コミュニティの悲しき分断 ロシアのウクライナ侵攻で代理戦争状態に

かわいいペキニーズを愛する平和なコミュニティだった(イメージ、EPA=時事)

かわいいペキニーズを愛する平和なコミュニティだった(イメージ、EPA=時事)

 SNSの醍醐味の一つに、同じ趣味や関心を持つ人たちが世代や国境を越えて集えることがある。今では自動翻訳機能が向上したこともあり、言葉の壁も越えてさらに交流を広めやすくなった。Facebookで愛犬をきっかけに交流を持つ人たちが、ロシアのウクライナ侵攻をめぐってSNSでも争うようになってしまった。その怒りと戸惑いと混乱を、俳人で著作家の日野百草氏がレポートする。

 * * *
 ずっとのどかなFacebookだった。愛犬を語り合い、褒め合い、その良さを語る。筆者のFacebookはもう何年も前、愛犬であるペキニーズ(犬種)のためにつながったものだった。1200人ほどいるフレンドの大半は海外のペキニーズ飼いやブリーダーといった愛犬家である。Facebookにありがちなマウントをとることもなく、「好き」を語り合う場所だった。

 しかし2月25日、その平穏なコミュニティは一転した。

「迅速な対応ありがとう友達! 一緒に勝利へ!」

 2月25日、筆者のFacebookでも戦争は始まっていた。Messengerにはこうした感謝のメッセージがウクライナから次々に届いた。キエフのオレクサンドル・パノフからは英語で「ご支援に感謝!」とコメントがついた。「迅速な対応」「ご支援」というのは筆者が愛犬とのプロフィールにウクライナ旗を掲げたことに対してだ。

「ようこそ出口へ、話しましょう!」

 筆者のプロフィール写真のウクライナ旗を見たのだろう、Messengerにはロシア人ペキニーズ飼いからのメッセージも届き始めた。こちらはベラルーシの首都ミンスクから。筆者がウクライナ国旗を掲げて以降、ロシア本国はもちろんモルドバに住むロシア人からも「ロシアは平和のために戦う、悪いのはゼレンスキー、誤解しないで」と送られてくる。聞けば「出口」とは「ロシアを悪者にする陰謀から目覚めるための出口」とのこと。

 ところでこのペキニーズという犬種の愛好家、なぜかウクライナ人が多い。ウクライナ人はペキニーズ好きが多いのかわからないが圧倒的に多い。負けずにロシアのペキニーズ飼いも多い。本当にたまたまだが、ペキニーズ友達にウクライナ人とロシア人が多かったがために、筆者のFacebook上もまたペキニーズ飼いを中心とした愛犬家たちによる代理戦争の戦場と化していた。本稿の翻訳はあえて原文を直訳した形をとる。意訳するとありのままが伝わらないとの考えである。

「ウクライナに栄光を、侵略者に地獄を」

 キエフのマリア・アルフェロワもまたウクライナ国旗を模したハートのスタンプを送ってきた。プーチンをシュレッダーにかけるバンクシー風の風刺画とともに。筆者がタイトル写真としたウクライナの象徴、聖アンドリーイ教会にも「いいね」がつきはじめた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン