国際情報

FB愛犬家コミュニティの悲しき分断 ロシアのウクライナ侵攻で代理戦争状態に

かわいいペキニーズを愛する平和なコミュニティだった(イメージ、EPA=時事)

かわいいペキニーズを愛する平和なコミュニティだった(イメージ、EPA=時事)

 SNSの醍醐味の一つに、同じ趣味や関心を持つ人たちが世代や国境を越えて集えることがある。今では自動翻訳機能が向上したこともあり、言葉の壁も越えてさらに交流を広めやすくなった。Facebookで愛犬をきっかけに交流を持つ人たちが、ロシアのウクライナ侵攻をめぐってSNSでも争うようになってしまった。その怒りと戸惑いと混乱を、俳人で著作家の日野百草氏がレポートする。

 * * *
 ずっとのどかなFacebookだった。愛犬を語り合い、褒め合い、その良さを語る。筆者のFacebookはもう何年も前、愛犬であるペキニーズ(犬種)のためにつながったものだった。1200人ほどいるフレンドの大半は海外のペキニーズ飼いやブリーダーといった愛犬家である。Facebookにありがちなマウントをとることもなく、「好き」を語り合う場所だった。

 しかし2月25日、その平穏なコミュニティは一転した。

「迅速な対応ありがとう友達! 一緒に勝利へ!」

 2月25日、筆者のFacebookでも戦争は始まっていた。Messengerにはこうした感謝のメッセージがウクライナから次々に届いた。キエフのオレクサンドル・パノフからは英語で「ご支援に感謝!」とコメントがついた。「迅速な対応」「ご支援」というのは筆者が愛犬とのプロフィールにウクライナ旗を掲げたことに対してだ。

「ようこそ出口へ、話しましょう!」

 筆者のプロフィール写真のウクライナ旗を見たのだろう、Messengerにはロシア人ペキニーズ飼いからのメッセージも届き始めた。こちらはベラルーシの首都ミンスクから。筆者がウクライナ国旗を掲げて以降、ロシア本国はもちろんモルドバに住むロシア人からも「ロシアは平和のために戦う、悪いのはゼレンスキー、誤解しないで」と送られてくる。聞けば「出口」とは「ロシアを悪者にする陰謀から目覚めるための出口」とのこと。

 ところでこのペキニーズという犬種の愛好家、なぜかウクライナ人が多い。ウクライナ人はペキニーズ好きが多いのかわからないが圧倒的に多い。負けずにロシアのペキニーズ飼いも多い。本当にたまたまだが、ペキニーズ友達にウクライナ人とロシア人が多かったがために、筆者のFacebook上もまたペキニーズ飼いを中心とした愛犬家たちによる代理戦争の戦場と化していた。本稿の翻訳はあえて原文を直訳した形をとる。意訳するとありのままが伝わらないとの考えである。

「ウクライナに栄光を、侵略者に地獄を」

 キエフのマリア・アルフェロワもまたウクライナ国旗を模したハートのスタンプを送ってきた。プーチンをシュレッダーにかけるバンクシー風の風刺画とともに。筆者がタイトル写真としたウクライナの象徴、聖アンドリーイ教会にも「いいね」がつきはじめた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン