スポーツ

新庄監督率いる日ハムの順位は? 江本孟紀氏「当然、最下位です」

ビッグボス・新庄剛志監督の手腕はシーズンでも通用するか(時事通信フォト)

ビッグボス・新庄剛志監督の手腕はシーズンでも通用するか(時事通信フォト)

 3月のプロ野球開幕を前に、江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏という大物球界OBの3人が『週刊ポスト』の座談会に臨んだ。ビッグボス・新庄剛志監督率いる日本ハムの順位はどうなるのか、3人の見解は──。【全4回の第2回。第1回から読む

 * * *
中畑:注目はやっぱり新庄(剛志)監督だよ。話題になったし、オープン戦で結果も出た。

江本:開幕まではいいですよ。ただ、最終的には結果で問われる。プロ野球にプロセスはいらない。

中畑:この世界、それが厳しいんだよね。キャンプを見る限りは悪くない。日本ハムは若い選手が多いだけに、新庄イズム、ビッグボスイズムが浸透しやすい。ノリがいいというのかな。オープン戦では万波(中正)が一面ジャックしたけど、ノリがよければ勢いがつく。投手交代もうまいんだよ。防御率が1点台で打率は2割そこそこ。打てなくても勝てるというのは野球の理想形。それを実践しているのが面白い。

江本:あとの5球団の監督が“コノヤロー”と思わないとダメでしょう。

中畑:口には出さないけど思ってるんじゃない?

江本:本当に他球団の監督は大変だと思いますよ。宮崎でのキャンプ2日目に巨人の原(辰徳)監督と対談した時、「窮地になったらオレが(新庄を)助ける」と開口一番言いましたよ。その時点では“日本ハムは戦力的に大変だな”と思っていたんでしょう。それが今は“交流戦あたりでやられたらイヤだな”と思っているんじゃないですかね(笑)。

達川:スター選手がいないといっても、上沢(直之)や伊藤(大海)といった好投手もいる。巨人だって負ける可能性はあるからね。

江本:ただ、室伏広治とか外部コーチを呼んだのは、話題性はあっても効果はどうかなと思う。キャンプで少し話を聞いたくらいでは、自分のものになるとは思えませんよ。

中畑:清宮(幸太郎)の指導を中日の立浪(和義)監督に頼む場面もあったけど、あんなことはよくある話だしね。本来は見えないところでやるべきことだろうけど。

江本:今は仲良しだから何でもありなんです。昔は敵のチームはケンカ相手だった。昔は……と言うと批判されるが、ちゃんと今と比較しないと。阪神の藤浪(晋太郎)が巨人の菅野(智之)や山本昌に弟子入りしても、全く進歩していない。ちょっと教えてもらったくらいじゃダメなんですよ。

達川:そんな日本ハムの順位はどう見ます?

江本:当然、最下位です。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン