国際情報

大統領府移転ほか 韓国・尹錫悦新大統領の「政治改革」は成功するか

韓国・青瓦台で行われた文在寅大統領(左)と尹次期大統領の初会談(EPA= 時事)

韓国・青瓦台で行われた文在寅大統領(左)と尹錫悦次期大統領の初会談(EPA= 時事)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が、3月28日、初めて会談した。大統領選から19日後の初会談はこれまでで最も遅いという。ことあるごとに対決姿勢を鮮明にしてきた両者だが、最近、大きな話題となったのが「大統領執務室の移転」を巡る対立だ。

 韓国大統領の官邸と執務室がある青瓦台は、ソウル特別市鍾路区の北岳山の麓にあり、もともとは李氏朝鮮の王宮である景福宮があった場所とされ、日本統治時代は朝鮮総督府が置かれていた。人の出入りが厳しく制限された“奥の院”であり、韓国大統領の権威を象徴する場所である。

 尹氏は大統領選で公約として、国民との距離を縮めるため、「大統領執務室の移転」を掲げていた。当初は光化門(鍾路区の中央官庁が集まる地域)へ移転するとしていたが、警備上の問題を指摘され、現在は国防部の庁舎がある龍山に移す計画に転じている。それに対し、文氏は当初、移転により空白期間ができ、安保上の問題が生じるとして反対し、執務室移転にかかる費用486億ウォン(約49億1000万円)の支出にストップをかけた。

 しかし、大統領を退任する文氏にとって、執務室移転は関係のない事案のはずである。『韓国「反日フェイク」の病理学』などの著書がある韓国人作家の崔碩栄氏はこういう。

「現政権の反発は理解しがたい。政府関係者はもちろん、前秘書室長の任鍾晳(イム・ジョンソク)氏もSNSで『尹氏は青瓦台に入るべきだ』と主張している。緊急時の対応に空白が生じることを理由にしているが、2017年5月に北朝鮮がミサイルを打ち上げたにもかかわらず、文大統領は休暇で地方に出かけたので、まるで説得力がない」

 文氏が、反対する理由として“北朝鮮の脅威”を口にし始めたことに、違和感を覚える人も多いという。

 3月23日に発表された韓国銀行(中央銀行)の総裁人事でも、現政権は尹氏に相談せずに決め、尹氏は「発表の10分前に伝えられた」と不満を露わにしている。

「これまでも、左派から右派、あるいは右派から左派へ、政権が引き継がれるときに、在任中の重要資料を渡さないとか、一定期間公開できないように指定するとか、非協力的な態度を取ることはありましたが、これほど目立つ対立が起きたことは記憶にないですね」(崔氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン