国内

秋篠宮家の自由を知る悠仁さま 即位については「現実的に選択の自由はない」

秋篠宮さまと悠仁さま、佳子さま

制度上は即位を拒否できるというが…(写真提供/宮内庁)

 世界に類を見ない皇室の歴史をさかのぼると、はるか神話の世界にまで行き着く。そこから連綿と受け継がれてきた血脈は、今上天皇で126代にあたる。時代が移り過ぎ、人々の考えが変容する間に、社会における皇室の立ち位置も変わってきた。天皇家の長女の愛子さまと、秋篠宮家長男の悠仁さま──次代の皇室を担うおふたりを取り巻く状況も、大いに揺れている。

 落ちついた性格で、幼少期から将来の天皇として「帝王教育」を受けられた天皇陛下とは対照的に、秋篠宮さまはわんぱくに育たれた。大学時代は護衛を振り切って友人と飲み歩き、カラオケでものまねを披露されたこともあったという。皇室ジャーナリストの山下晋司さんが指摘する。

「秋篠宮殿下は、学生時代の私的旅行の際、地元の首長等の挨拶は、『プライベートなので』とお断りになっていたそうです。一方、天皇陛下は『友人に迷惑がかからないなら』とお受けになっていたそうで、お考えの違いがうかがえます」

 秋篠宮さまがいかに自由を求められていたかが伝わるエピソードだ。30年以上にわたって秋篠宮さまと親交のある、毎日新聞編集委員の江森敬治さんはこう語る。

「天皇を継ぐというのは本来、長男の役目です。子供の頃から長男は、将来、天皇になるのだという強い自覚を持ち、そして、成長します。親や家族、周囲の人たちも『将来の天皇』として期待を込めて見守ります。しかし、次男は違います。秋篠宮さまは『自分は一人の皇族として兄を支えるのだ』という気持ちで育たれたのだと思います。

 現在、秋篠宮さまは皇位継承順位第1位の『皇嗣』というお立場ですが、おそらくご本人は、とても驚かれたことでしょう。まさか、自分が将来、天皇になる可能性があるとは、結婚した当時は、全然、思っていらっしゃらなかったはずです」

 1990年6月、秋篠宮さまは「3LDKのプリンセス」紀子さまと結婚された。前年の婚約内定当時は、同年1月に崩御された昭和天皇の服喪期間中で「この時期の婚約はありえない」「皇太子さまより先の結婚は好ましくない」との異論もあったが、結婚は成就した。

 1991年に眞子さん、1994年に佳子さまが生まれた。秋篠宮ご夫妻は子供の興味を伸ばして自主性を尊重する子育てを施し、眞子さんと佳子さまは「公」とともに「私」を重視する皇族として育った。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン