ライフ

モラハラ夫と対峙するにはどうする? 重要なのは入念な準備と「第三者」の存在

aa

モラハラ夫にはどう対峙すべきか?

『女性セブン』に連載されていた『これを愛と呼ぶのなら』(作・都陽子)の完結編となる第2巻が発売された。ラブホテルを訪れる男女の人間模様を描いた第1巻から一転、ラブホテルで働く綾子が、夫の不倫、そしてDVで追い詰められていく様が緊迫感をもって描かれている。果たして、妻は、夫の不倫やDVにどう対峙したらよいか。本作をテキストに、3人のエキスパートが解決策を探る。

『これを愛と呼ぶのなら』はDV加害者と被害者の心理描写、特に、被害者が夫の不倫やDVに直面して戸惑い、怯え、思考停止に陥っていく様子が克明に描かれている。

 壊れた夫婦関係の相談を受ける機会の多い3名の専門家は本作を読んで異口同音にこう話した。

「実際、綾子のような女性が相談に訪れることも少なくありません」

 彼らは、そうした悩める女性たちにどのようなアドバイスをしているのだろうか。物語の重要ポイントに焦点を当てながら、話を聞いた。

夫の不倫に気づいたらまずすべきは証拠集め

 主人公の専業主婦・有富綾子(以下、綾子)は、結婚して19年間、デザイン会社を営む夫・隆一と大学生の一人娘・美知を支えてきた。

 ある日、綾子は夫の上着からラブホテルのレシートを発見する。以前から不倫を疑っていた綾子が法律事務所に相談に訪れると、興信所を使って証拠を取ることをすすめられる。しかし、綾子が取った行動は、夫に内緒で当該ラブホテルで働き、夫の不倫現場をその目で確かめることだった。

 夫の不倫に気づいたとき、どうするのがいちばんいいのだろうか。夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんはこう語る。

「離婚するかしないか、慰謝料を請求するかしないかは別として、綾子のようにまず不倫の証拠を掴もうと行動に移すことは非常に大事です。離婚を望んでいない場合でも、証拠があれば周囲に助けを求めたとき、支援者はより親身になり、スムーズに動いてくれますから。

 とはいえ、綾子のように浮気調査を素人が行うのはおすすめできません。尾行や待ち伏せに気づかれて失敗しやすいだけでなく、証拠隠しをされたり報復されたりして泥沼化するリスクが高いですから。確実に証拠を押さえたいなら、やはり興信所などのプロに任せるべきです」

 家庭問題を多く扱う弁護士の森公任さんは、離婚を望む際にも証拠は有利になると語ったうえで、こう指摘する。

「必ずしもラブホテルに出入りする現場写真ばかりが重要とは限りません。例えば『愛しているよ』『先週末の旅行は2人きりで過ごせて楽しかった』といった男女関係が明白な文言が入ったメールやLINEなどの画面写真でも不倫と認められるケースがあります」

 同居している夫のメールやLINEを勝手に見ることは不法行為にならないか心配になるが、「問題ありません」と森さん。ただし、離婚の可否と不倫の慰謝料については、誤解している人が多いという。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン