芸能

吉田拓郎「僕に残された時間は少ない」ラストアルバムで小田和正と歴史的コラボ

吉田拓郎

引退を表明している吉田拓郎

 1970年代にフォーク界を席巻し、その後も日本の音楽シーンで活躍し続けてきたカリスマ・吉田拓郎(76才)が、有終の美を飾ろうとしている。そこに立ち会い支えるのは、最愛の妻と唯一無二の友人。ラストアルバムに秘められた52年間の思いとは──。

 突然の発表に、ファンはうれしさと寂しさの両方を一気に味わった。
 
「発売日は2022年6月29日です。本来なら、発売は秋の予定でレコード会社とも話していたのですが、無理をまた言わせてもらいまして」

 4月8日、吉田拓郎が自身のラジオ番組『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、アルバムの発売日が前倒しになったことを明かした。
 
 8年ぶりとなる待望のアルバムだが、吉田はかねて、このアルバムをもって音楽活動に終止符を打つことを表明している。つまり、“引退”が早まったことになり、ファンは複雑な心境だという。なぜ吉田はリタイアを急いだのだろうか──。

 吉田を古くから知る音楽関係者が代弁する。

「拓郎さんは向上心の強い人で、“常に前に進んでいたい”という気持ちを持っています。ですが、ファンや周囲が拓郎さんに期待するのは、彼の人気が爆発した1970年代の曲調の歌ばかり。そうした空気を感じ取り、拓郎さんは辟易してしまったようです」

 実際、冒頭のラジオ番組で吉田はこう語気を強めている。

「1970年代は素晴らしい青春でした。それは大いに僕も認めています。僕だって誇らしい青春がいっぱいあります。あれを体験したからこそいまがある。それぐらい僕はそのことを誇らしくは思います。でもやっぱりそれはそれってしないと。それを2022年のいまも引きずっていてどうするんだということなんです(中略)やっぱりみんな半歩でいいから前に進もうよ。そこに停滞するな。それを言いたいんだよ!」

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン