芸能

佐野史郎、多発性骨髄腫の発症・闘病を語る「一瞬一瞬を味わうこと」再認識した命の意味

インタビューに応じた佐野さん

インタビューに応じた佐野さん(撮影/小倉雄一郎)

 昨年5月、出演中の連続ドラマ『リコカツ』(TBS)を途中降板し、その後、多発性骨髄腫で闘病中と公表した俳優・佐野史郎さん(67)。元気に活躍しているように見えただけに、驚いたファンは多かっただろう。以前から体調不良だったのか。今はどういう状態なのか。佐野さんに詳しい話を聞いた。(聞き手・構成/ジャーナリスト・中野裕子)

 * * *
 佐野さんが多発性骨髄腫と公表したのは昨年12月。その7か月前、女優・北川景子主演の『リコカツ』を途中降板したが、5月4日の発表時には腎臓機能障害のため、としていた。

「そのとき、もう多発性骨髄腫と判明していて、いずれ公表するつもりでした。ただ、ドラマのオンエアが始まったばかりでしたので、僕の病気のことでこれ以上迷惑をかけるのは良くないと、所属事務所とテレビ局で相談し、そう発表することにしたんです。ですが、腎臓機能障害から判明したことは事実です」

 多発性骨髄腫という病気は、血液のがんの一種。通常、人の体内にウイルスや細菌が入ると、白血球の一種であるBリンパ球が形質細胞に変化し抗体を作る。多発性骨髄腫はその形質細胞ががん化し、正常な抗体が作れなくなる病気だ。免疫力が落ちるほか骨がもろくなり、腎機能が落ちるなどの症状が現れる。

「発症直前の4月16~18日に『くまもと復興映画祭』に、僕の映画デビュー作で主演作の『夢みるように眠りたい』が上映されるというので、ゲストとして呼んでいただき熊本へ行ったんです。そうしたら登壇日の夜、一瞬、ゾクッとして……『あれ、コロナかな、ヤバいな』と焦りました。でも、そのときはそれだけで、帰りの空港でも平熱で大丈夫でした。ところが、帰宅翌日の夜中、寝ていたら突然、39度の高熱が出たんです」

『リコカツ』は4話の撮影中だったが、翌朝、撮影予定をキャンセルしてPCR検査を受けた。しかし陰性。ただの風邪かもしれないものの、ドラマのプロデューサーの勧めでクリニックを受診。血液検査をしたところ、白血球数が異常値を示していた。

「『詳しく調べる必要があります。入院の準備をして大学病院にいらしてください』と言われました。それで翌日、大学病院へいったら、すぐに多発性骨髄腫と告げられたのです。告知を受けても頭の中が真っ白になったりはせず、どこか他人事のようで『で、どうしたらいいですかねぇ』なんて先生に聞いたりしていました」

 しかし、症状は深刻だった。人工透析が必要と思われるほど腎機能が落ちていたのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン