芸能

おすぎとピーコも直面か 在宅介護の6割近くが「老々介護」という現実

1979年のインタビューにて

1979年のインタビューにて

 両親と姉2人はすでに他界。おすぎとピーコはこの世でたった2人の肉親となっていた。喜寿を迎えた兄弟の老老介護。近隣住民はその様子を目撃していた。

「今年の初め、外出するお二人を何度か見かけました。お体は元気そうでしたよ。おすぎさんは目が合うと軽く会釈をしてくれました。外に出るときはいつもピーコさんがそばに寄り添うように歩いていて、甲斐甲斐しくサポートをされているようでした」(近隣住民)

 厚生労働省の2019年の調査によれば、在宅介護のうち、65才以上の高齢者が自宅で高齢者を介護する「老老介護」の割合は59.7%と過去最高となった。要介護者から見た介護者の続柄は「配偶者」と「子」で約半数を占めるといわれている。だが、今後、その割合が変化していく可能性がある。介護ジャーナリストの末並俊司さんが解説する。

「きょうだいが多いとされている団塊の世代が、2025年には全員、後期高齢者になります。未婚のケースもあれば配偶者の他界や子供に面倒をみることを拒否されるなどの理由で、きょうだいを頼らざるを得ないケースも増えると考えられています」

 ましてやこれがLGBTQといった性的マイノリティーとなると、問題はさらに複雑になる。

「高齢になるほど性的マイノリティーに対する理解が乏しいため、高齢者が差別を恐れずに通える高齢者施設は少ない。例えば、性同一性障害の人が、介護施設で男性と一緒に入浴することが苦痛であると言っても、それを理解してくれる施設はほとんどないと思います。LGBTQのかたがたは独居で高齢期を迎える可能性が高く、介護をしてくれる配偶者や子供がいないケースが想定され、孤独死のリスクが高まる状況です」(前出・末並さん)

※女性セブン2022年5月26日号

仲がよさそうに見える2人だが、昔は階段から引きずり合うようなけんかをしたと明かしている

仲がよさそうに見える2人だが、「昔は階段から引きずり合うようなけんかをした」と明かしている

1979年 共著『おすぎとピーコのこんなアタシでよかったら』出版

1979年 共著『おすぎとピーコのこんなアタシでよかったら』出版

兄のピーコが左目にがんを患い、眼球摘出手術を受けた際には、穴を埋めるべく全国を飛び回っていたおすぎ

兄のピーコが1989年に左目にがんを患い、眼球摘出手術を受けた際には、穴を埋めるべく全国を飛び回っていたおすぎ

2002年 フジテレビ系『水10!』制作発表

2002年 フジテレビ系『水10!』制作発表

2004年 フジテレビ系『おすピー&ロンブーの起きなさいよッ!!』記者会見

2004年 フジテレビ系『おすピー&ロンブーの起きなさいよッ!!』記者会見

2005年 日本テレビ系『金のA様×銀のB様』記者会見

2005年 日本テレビ系『金のA様×銀のB様』記者会見

2010年 映画『バーレスク』イベント試写会

2010年 映画『バーレスク』イベント試写会

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン