スポーツ

新庄剛志監督が若手へ叱咤始めたことに「辛抱強く教えるべき」と広岡達朗氏が檄

選手に厳しい評価もするようになっている新庄監督(時事通信フォト)

選手に厳しい評価もするようになっている新庄監督(時事通信フォト)

“ビッグボス”こと新庄剛志監督が率いる日本ハムは、借金2ケタ生活が続いている。5月10日のオリックス戦で接戦を落とした後には、清宮幸太郎をはじめ若手を並べた打線が振るわなかったことについて、「1軍に残りたいという姿勢が全く見えない。バットを出さない限り一生結果は出ない」と厳しいコメントを発表。常に前向きだった姿勢に変化が生じているようにも見える。結果がなかなか出ないなかで、周囲からの新庄監督への評価も変わってきているのだろうか。

 昨秋の監督就任発表以来、派手なパフォーマンスで注目を集め続けてきた新庄監督。球界関係者からは、“プロ野球を盛り上げてくれる”と肯定的な評価が多かった。

 監督としてヤクルト、西武を日本一に導き、辛口評論で知られる広岡達朗氏は、昨年11月の本誌・週刊ポストの取材で新庄監督について〈派手なパフォーマンスがいろいろ言われるが、新庄を馬鹿にしてはいけません。彼の体を見てごらんなさい。締まっていて太っていない。しっかりトレーニングを積んでいる証拠です。今の時代の監督は横着な者が多く、我々の時代のように選手と一緒に走ったりしなくなりましたが、新庄ならそれもできるでしょう〉と前向きな評価を口にしていた。

 それと同時に〈言っていることは正しくても、それをどうやって選手に伝えていくかは見ておかないといけません〉と課題にも言及していた広岡氏。新庄・日本ハムの現状はその目にどう映っているのか。改めて広岡氏に話を聞いた。

「今の新庄は、辛抱が足りていない。あれだけいいことを言いながら、戦ってみたら強い選手がひとりも出てこない。新庄の言っている内容がダメということはありません。何がよくて、何がダメかは理解している。それを辛抱強く選手たちに教えれば、最下位のはずがないんです。この先、どこまで辛抱して教えていけるか。そこが見ものでしょう。あと、暑いのにネックウォーマーを付けたり、ドーム球場なのにサングラスをするスタイルはどうだろうか。誰か指摘してくれる人がいないのかと思ってしまう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト