スポーツ

新庄剛志監督が若手へ叱咤始めたことに「辛抱強く教えるべき」と広岡達朗氏が檄

選手に厳しい評価もするようになっている新庄監督(時事通信フォト)

選手に厳しい評価もするようになっている新庄監督(時事通信フォト)

“ビッグボス”こと新庄剛志監督が率いる日本ハムは、借金2ケタ生活が続いている。5月10日のオリックス戦で接戦を落とした後には、清宮幸太郎をはじめ若手を並べた打線が振るわなかったことについて、「1軍に残りたいという姿勢が全く見えない。バットを出さない限り一生結果は出ない」と厳しいコメントを発表。常に前向きだった姿勢に変化が生じているようにも見える。結果がなかなか出ないなかで、周囲からの新庄監督への評価も変わってきているのだろうか。

 昨秋の監督就任発表以来、派手なパフォーマンスで注目を集め続けてきた新庄監督。球界関係者からは、“プロ野球を盛り上げてくれる”と肯定的な評価が多かった。

 監督としてヤクルト、西武を日本一に導き、辛口評論で知られる広岡達朗氏は、昨年11月の本誌・週刊ポストの取材で新庄監督について〈派手なパフォーマンスがいろいろ言われるが、新庄を馬鹿にしてはいけません。彼の体を見てごらんなさい。締まっていて太っていない。しっかりトレーニングを積んでいる証拠です。今の時代の監督は横着な者が多く、我々の時代のように選手と一緒に走ったりしなくなりましたが、新庄ならそれもできるでしょう〉と前向きな評価を口にしていた。

 それと同時に〈言っていることは正しくても、それをどうやって選手に伝えていくかは見ておかないといけません〉と課題にも言及していた広岡氏。新庄・日本ハムの現状はその目にどう映っているのか。改めて広岡氏に話を聞いた。

「今の新庄は、辛抱が足りていない。あれだけいいことを言いながら、戦ってみたら強い選手がひとりも出てこない。新庄の言っている内容がダメということはありません。何がよくて、何がダメかは理解している。それを辛抱強く選手たちに教えれば、最下位のはずがないんです。この先、どこまで辛抱して教えていけるか。そこが見ものでしょう。あと、暑いのにネックウォーマーを付けたり、ドーム球場なのにサングラスをするスタイルはどうだろうか。誰か指摘してくれる人がいないのかと思ってしまう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト