芸能

オスマン・サンコンさん、アニキと慕った千葉真一さん長男・新田真剣佑との意外な交流を語る

オスマン・サンコンさん(写真/五十嵐美弥)

73歳になったオスマン・サンコンさん(写真/五十嵐美弥)

 日本で活躍する外国人タレントは大勢いるが、アフリカ出身タレントは限られる。1980年代半ばから1990年代に活躍したオスマン・サンコンさん(73)はその1人。アフリカ西部のギニア共和国出身で、バラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)などにレギュラー出演していた。下ネタ好きの明るいキャラクターで人気だったが、最近はテレビで見なくなった。サンコンさんの今を直撃した。

 * * *
「もう70過ぎたけど、耳はよく聞こえるし、視力は1.2。歯も全部自分の歯で、虫歯も1本もないんです。ただ、たまにお酒を飲みすぎちゃって、健康診断でγ-GTPの値が高く出ると、お医者さんに『お酒を控えてください』と言われちゃう(笑い)」

 取材当日、スーツ姿で現れたサンコンさんの左胸には、菊花紋章のバッジがキラリ。「天皇陛下から旭日双光章をいただいたんです」と、誇らしげだ。

 ギニア大使館補佐官のサンコンさんは、2000年に発足したギニア日本交流協会で、母国の恵まれない人々のために活動してきた。ギニアに日本の衣料品や医療器具、消防車などを送ってきた功労を表彰され、数々の勲章を受賞。胸にはほかにも観光大使を務める鹿児島県・徳之島のバッジや、応援するウクライナ国旗のバッジなどを付けている。

「コロナ前まではイベントも含めて月4、5本仕事があって、結構忙しかったんですよ。でもコロナの影響もあって、特に講演はほとんどなくなったね。ここ2年は、家の近くの公園を散歩したり、高校2年生の三男とバスケットボールをするぐらいしかできなくて……。僕、これでも子どもの頃はサッカー選手になりたくて、サッカーを頑張ってたんです。でも、右脚のアキレス腱を断裂して、手術の失敗で脚が不自由になってあきらめた。兄弟に『サッカーできないならあっちに行け』とのけ者にされて、悔しくて一生懸命勉強したんです」

69歳で4度目の結婚

オスマン・サンコンさん(写真/五十嵐美弥)

オスマン・サンコンさんは超エリート(写真/五十嵐美弥)

“ギニアの東大”コナクリ大学に進学し卒業後、仏・ソルボンヌ大学に国費留学。帰国後の1972年、ギニア外務省に入省し、一等書記官として来日した。サンコンさん、超エリートなのだ。

「日本には、ギニア大使館を設立するために来たの。日本語をイチから覚えて8年間勤務して、その後、米国のワシントンD.C.に転勤になって3年間。一度、ギニアに帰国したんだけど、外務省を休職して補佐官の立場で昭和59年(1984年)にまた日本に来て、それから『笑っていいとも!』のオーディションを受けてテレビに出るようになった。有名になろうとしたんじゃなくて、ギニアのことを日本の人たちにもっと知ってもらおうと思ってね」

 外務省を休職してまで来日したのは、渡米前に日本女性と結婚し長男・勇さんが誕生したから。38歳になった勇さんは一時、レゲエグループで” DJヨンコン” として活動していた。

「今はイオンの下請けのスーパーの店長として、真面目に働いているよ。三男はいま、千葉ジェッツふなばしのユースチームでバスケのプロを目指してます」

 ギニアは一夫多妻制。サンコンさんは勇さんの母親と結婚前に、ギニアで結婚し第一夫人がいるほか、日本でこれまでに3度結婚し合計3人の妻、3男2女の子どもたち、2人の孫娘がいる。サンコンさん、なかなか艶福家なのだ。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン