国内

両陛下、青のマドラスチェックシャツ リンクコーデに世界平和への願いも

蚕に桑の葉を与える「御給桑(きゅう・そう)」に臨む愛子さまと天皇、皇后両陛下。桑の葉を与える向きなどを相談しながら作業に臨んだという(2022年6月1日、皇居内の紅葉山御養蚕所。写真/宮内庁提供)

蚕に桑の葉を与える「御給桑(きゅう・そう)」に臨む愛子さまと天皇、皇后両陛下。桑の葉を与える向きなどを相談しながら作業に臨んだという(2022年6月1日、皇居内の紅葉山御養蚕所。写真/宮内庁提供)

「基本的に、皇族のお姿を撮影するのは、宮内庁が依頼したカメラマンか、撮影許可を得たメディアのカメラマンです。しかし、今回の撮影者は、天皇ご一家のご養蚕に供奉(ぐぶ)した侍従でした。プロによる撮影ではないからか、むしろどれもアットホームさを感じられる写真になったように思います。天皇ご一家の仲睦まじいご様子が伝わってきて、微笑ましいですよね」(皇室記者)

 7月14日、宮内庁により、5月19日、6月1日、6月11日に皇居内の紅葉山御養蚕所(東京・千代田区)で行われた天皇ご一家のご養蚕の様子を収めた写真が複数枚公開された。

 実は、宮内庁担当の記者たちは、写真の公開を5月中から宮内庁側に申し入れていたという。

「3月の成年会見以来、愛子さまのお姿が一切公開されていなかったので、ぜひ出していただきたいと要望を出していました。ただ、宮内庁側は消極的な姿勢だった。しかし一転、2か月が経って公開されたことに驚いています」(前出・皇室記者)

 愛子さまは現在、学習院大学の3年生だ。学業優先の方針を表明されているため、お出ましの予定は公表されていない。そのうえ、大学の講義はすべてオンラインで受講されているため、皇居・御所に“おこもり”の状態といっていいだろう。

 愛子さまのご活動の様子が表に出てこない理由のひとつには、秋篠宮家の長男・悠仁さまへの配慮もあるという。

「成年に際する行事と会見では、天皇家の長子としての貫禄を感じさせられました。愛子さまが人前に出られるたびに、その人気は高まるでしょう。そうして関心が高まると、『愛子さまのほうが天皇にふさわしいのではないか』という議論に火が付いてしまう可能性がある。そのような事態にならないよう、将来の天皇である悠仁さまに気を遣われていることで、愛子さまのお姿がなかなか公開されないという側面はあると思います」(皇室ジャーナリスト)
 
 公開された写真は、前述のとおり、5月19日、6月1日、11日の3日分で、計5枚。うち、愛子さまが映られている写真は6月1日と11日。どの写真も、ご一家の「リンクコーデ」が印象的だ。

 皇室の取材を続ける放送作家のつげのり子さんは、なかでも6月1日のお召し物に注目したと話す。

「愛子さまは黒いトップス、雅子さまは黒いベストに青のマドラスチェックシャツをお召しになっています。陛下のシャツも、水色でありながら、黒っぽいトーンです。この日は、ウクライナ東部の要衝都市・セベロドネツクの約7割がロシアの支配下に入った日でした。ロシアの攻勢は激しく、死者も多数出ていた。

 日本の皇室は中立の立場を貫くため、どちらかの側に立った発言をされることはありませんが、黒を基調としたお召し物を通して、犠牲者を悼むお気持ちを表されたのではないかと感じました」(つげさん)

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン