国内

杉良太郎、EXILEらが参加 肝炎啓発プロジェクト“子供から大人への発信”にも重点

幅広い年齢のプロジェクトメンバー

幅広い年齢のプロジェクトメンバー。左からTETSUYA、HIRO、杉、伍代、瀬川、向井地

 杉良太郎が、肝炎の早期発見を促すプロジェクトにEXILEのHIROを誘った際、HIROは「これは日本の国のためになりますか?」と聞いた。その真剣な眼差しをいまも杉は思い出すという。長期間にわたって啓蒙活動を続けるメンバーの歩み、そしてこれからを追った。

「人間が生きていく上ではお金も大事、物も大事です。けれども皆さん、生きていく上で何より大事なのは、私たちの健康です!」

 マイクを握りしめる右手に力がこもる。7月25日に都内で行われた「知って、肝炎プロジェクト世界・日本肝炎デー2022」で、切実にそう呼びかけたのは、厚生労働省の健康行政特別参与を務める杉良太郎だ。

 肝炎は、国内最大級の感染症とされ、日本の感染者は200万〜250万人と推計される。7月28日はウイルス性肝炎のまん延防止と肝炎への差別や偏見をなくすために2010年にWHO(世界保健機関)が定めた、世界肝炎デー。日本でも同日を日本肝炎デーと定めており、当日を含めた1週間を「肝臓週間」として、肝疾患についての正しい知識や肝炎の早期発見・治療の重要性を伝えるべく毎年イベントを行っている。

 啓発普及活動の中心となるのは2012年の発足時から杉が陣頭指揮を執る、厚労省の肝炎総合対策推進国民運動事業『知って、肝炎プロジェクト』。冒頭のイベントでは、プロジェクトが地道に続けてきた肝炎ウイルス検査への働きかけが評価され、杉が推薦した4組の大使・スペシャルサポーターらが肝炎対策事業功労者として後藤茂之厚労相から表彰を受けた。杉は「人生で11年というのは長い」と、これまでの活動を振り返った。

「肝炎は早期に適切な治療をすれば進行を止めて健康を維持できますが、放置して重症化すれば肝硬変や肝がんへつながるリスクがあり、命を脅かします。どうか、あなたの大切な命と健康を守るために肝炎ウイルス検査を受けてください—そう、この11年訴えてきました。

 ところが、まだ皆さんに自分事として捉えていただけていない。肝炎プロジェクトには大使、スペシャルサポーターとして総勢24組が参加してくれています。これからも一丸となって粘り強く、皆さんが自ら検査へ足を運んでいただけるように訴え続けていきたい」

 肝炎対策事業功労者としては、10年以上活動してきた肝炎対策特別大使の伍代夏子、スペシャルサポーターの瀬川瑛子、EXILE HIROとTETSUYA、AKB48の向井地美音が表彰状授与のため登壇し、それぞれに肝炎対策への思いを語った。杉の言葉を引き継いで、

「体に何か異変が起きてからではもう手遅れ。検査は採血1回です。重篤な肝疾患が出る前、肝炎の治療ができるうちにウイルスに感染していないか、検査をしてください」

 と訴えたのは、伍代だ。自身もかつてC型肝炎を治療して克服した経験を持ち、「肝炎というのは無症状のまま進んでしまう。私もそうでしたが、感染していても本当にこれといった症状がない。それが肝炎の怖さなんです」と、語気を強めた。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン