国内

森英恵さん、雅子さまのウエディングドレス制作の秘話 お忍びで4、5回の仮縫い

雅子さまは衣装の件で森英恵さんと4~5回打合せしていたという(写真/共同通信社)

雅子さまは衣装の件で森英恵さんと4~5回打合せしていたという

《長い間この仕事をやっておりますけど、自分の一生の中でそう度々あることではございませんから、光栄にとてもうれしく存じております》(1993年6月24日号『女性セブン』以下《》内同)

 かつて『女性セブン』にそう明かしていたファッションデザイナーの森英恵さんが8月11日に亡くなった。96才だった。日本航空の客室乗務員の制服やバルセロナオリンピック(1992年)の日本選手団のユニフォームなど、時代を象徴するデザインを積み重ねてきた森さんが「光栄」と振り返った仕事は、1993年、皇室に嫁いだ日に雅子さまが身につけられたローブデコルテのデザインだった。

 ローブデコルテとは「夜会服」を意味し、皇室では洋装での第一礼装に位置づけられる。雅子さまが初めて袖を通された一着は、ウエディングドレスでもあった。

 1993年2月、森さんは、上皇后・美智子さま(当時は皇后)からオーダーを受けてデザインに着手。すでに森さんは皇室関連の数々の仕事を手がけており、上皇さまの担当だったこともあった。それでも、皇太子妃のローブデコルテのデザインとなると格別な思いがあった。

 一般の結納にあたる「納采の儀」で天皇家から雅子さまのご実家に贈られたシルクジャカードの生地を目の前に何枚かのデザイン画を用意した。最終的には雅子さまに選んでいただいたという。その大仕事は、トップシークレットで進められた。限られた者しか入れない鍵のかかる森さんのアトリエには、雅子さまも仮縫いのため、密かに足を運ばれたという。

《お母さまが運転なさる車に乗られて(こちらへ)お出かけくださいました。雅子さまはお会いする度にますますお幸せそうになられるのが(私としても)とてもうれしく存じました》

 お忍びでの仮縫いは4~5回にも及び、その度、森さんは雅子さまのある変化に気づいた。

《(体の線が)だんだんほっそりあそばしますので仮縫いの度に、少しずつ縫い込むという感じがございましたねぇ》

 度重なる打ち合わせと丁寧な縫製によってできあがったのが、あの優雅でいてシンプルなローブデコルテだった。生地の特性を生かしながら、勲章などの装飾品と合わせるケースを想定したことで、“引き算のデザイン”が完成したと、森さんは明かしている。その分、そのローブデコルテに合わせるジャケットには雅子さまらしさを盛り込んだ。

 丈はきゅっと引き締まったウエストまで短くし、襟元には森さんが雅子さまに抱いていた《バラの花のような方》というイメージにぴったりな、バラの花びらをモチーフにした飾りをあしらった。

 ご成婚パレードでオープンカーに乗られた雅子さま。森さんが“花を生けるように”留めたというジャケットの花びら一枚一枚が祝福するようにふんわりと揺れた。森さんの計算通りだった。森さんは日本を代表するデザイナーとして、東洋と西洋の美について探究していた。

「将来の皇后であり、日本の伝統を背負うことになる雅子さまに対して、豊かな海外経験を生かしたご活躍を願っていたようです」(ファッションジャーナリスト)

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン