芸能

『ちむどんどん』鈴木保奈美と故・野際陽子さんの相似 「姑演技」は主役喰いの迫力

(時事通信フォト)

朝ドラでは「祖母」になる(時事通信フォト)

 NHK朝ドラ『ちむどんどん』の放送も残り約1か月となり、クライマックスが迫る。主人公・暢子(黒島結菜)の結婚と妊娠、そして独立開業と怒涛の展開が続くなか、ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、中盤以降に登場し、主人公の姑・重子を演じる女優・鈴木保奈美に注目しているという。その演技の魅力とは何か。小林氏が綴る。

 * * *
 朝ドラ『ちむどんどん』(NHK総合)で、ヒロインの暢子(黒島結菜)が青柳和彦(宮沢氷魚)と結婚、そして妊娠。同時期にかねてからの夢であった、シェフとして独立開業することになった。これまでのドラマの筋書きに対して色々と物申したいことはさて置き、やっと“物語”が稼働した気がする。

 個人的には稼働の立役者のひとりとして、女優の鈴木保奈美さんの名前を挙げたい。和彦の母親・重子役で登場、そして暢子との結婚を徹底的に反対した。グッと子どもたちを睨み、いびる様子。ここに見えたのは、故・野際陽子さんの片鱗だった。

結婚を認めるまでは「重子劇場」

 青柳重子は資産家の令嬢として育ち、和彦の父親との結婚は親が決めた縁談だったという。そのためか夫とはまったく愛情が通っていなかったと主張するのは、本人談(実はその後に夫の愛情を受けた話もあった)。夫は病死してしまい、未亡人になった重子は大きな屋敷で女中と暮らしている。

 そんな重子と暢子の間に、大きな格差が生じても不思議はない。暢子は上京後にやっと普通の生活をできるようになったけれど、出身地の沖縄県では実家が借金に追われる生活をしていた。学歴も資産もない。あるのは、和彦への愛と、料理に対する情熱のみ。この格差を持って、重子が気に入るはずもない。

「(嫌味として)……楽しいお嬢さんねえ?」
「結婚は許しません」
「(和彦に)結局、母さんの言う通りにして良かった……と思う日が来る」

 結婚を認めるまでの間、毎朝繰り広げられていた重子劇場。興信所で暢子の身辺調査をすることなんて、お手のもの。当時、和彦が勤務していた新聞社まで押しかけて、二人の仲を引き裂こうとする。そんな重子の様子は見ていて面白かった。途中、重子の反対路線が突然変わって、暢子が仕事を続けていくことを理由に入れてくる昭和風味もなんともまた……。そこに女優・鈴木保奈美の存在感はたっぷりで、一瞬は主役喰いをしているようにも見えた。

 その向こうに見えたのがかつてドラマの姑役で名を馳せ、2017年に惜しまれつつも亡くなった女優・野際陽子さんの演技である。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン